有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
⑤【附属明細表】
【有価証券明細表】

 【株式】

銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他
有価証券
株式会社シニアパートナーズ
400,000
12,755
小計
400,000
12,755
400,000
12,755

 

【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
建物
器具及び備品

42,449
57,630

7,392
8,925

17,210
2,637

32,631
63,918

12,238
39,453

7,840
15,870

20,392
24,464
有形固定資産計
100,079
16,318
19,848
96,549
51,692
23,710
44,857
無形固定資産
ソフトウェア
その他

100,581
50

86,781



187,362
50

85,095

51,263

102,266
50
無形固定資産計
100,631
86,781
187,412
85,095
51,263
102,316
長期前払費用
1,483
1,483
469
296
1,014

(注)当期増加・減少額のうち主なものは次のとおりであります。

  1 有形固定資産の増加
    ・建物(本社及び地方事業所の内装工事及びパーティション工事等 7,392千円)
    ・器具及び備品(事業所の通信設備等 8,925千円)
  2 無形固定資産の増加
    ・ソフトウェア(営業用ウェブサイトの冗長化、追加機能開発 70,029千円、新規ウェブサイトの開発
     16,252千円、及び事務処理用パッケージソフト 500千円)
  3 有形固定資産の減少
    ・建物(東京事業所の事務所移転に伴うパーティションの除却等 17,210千円)
    ・器具及び備品(東京事業所の事務所移転に伴う電気設備等の除却等 2,637千円)

  

 

【社債明細表】

  該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

  該当事項はありません。

 

【引当金明細表】
区 分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
7,542
25,865
126
7,416
25,865
賞与引当金
59,952
91,847
59,952
91,847
返金引当金
26,562
53,471
26,562
53,471
役員退職慰労引当金
31,102
638
31,740

(注)貸倒引当金の当期減少額(その他)の内容は一般債権に対する引当金の洗替に伴う取崩によるものです。

 





出典: 株式会社エス・エム・エス、2009-03-31 期 有価証券報告書