有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第5【経理の状況】

1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

2 監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。

 

3 連結財務諸表の適正性を確保するための特段の取り組みについて

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みとして、会計基準等の内容を適切かつ適宜把握する体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し情報収集に努めるとともに、監査法人等の主催する会計基準等に関するセミナーに適宜参加しております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成27年3月31日)

当連結会計年度

(平成28年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

2,708,623

5,291,707

売掛金

2,486,428

3,982,752

商品及び製品

109,185

95,830

仕掛品

7,784

31,185

貯蔵品

12,721

6,770

未収入金

1,306,471

1,891,531

前払費用

572,957

685,224

繰延税金資産

214,454

268,219

その他

38,232

140,001

貸倒引当金

93,840

217,510

流動資産合計

7,363,018

12,175,712

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

208,087

383,400

減価償却累計額

71,655

151,756

建物(純額)

136,432

231,643

工具、器具及び備品

275,425

515,019

減価償却累計額

164,006

366,414

工具、器具及び備品(純額)

111,419

148,605

機械装置及び運搬具

11,871

110,080

減価償却累計額

3,322

61,999

機械装置及び運搬具(純額)

8,548

48,081

有形固定資産合計

256,400

428,330

無形固定資産

 

 

のれん

1,318,296

12,874,322

ソフトウエア

730,608

1,335,532

商標権

-

10,046,813

顧客関係資産

-

3,046,910

その他

50

50

無形固定資産合計

2,048,954

27,303,627

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

1,240,328

1,025,966

繰延税金資産

101,309

211,138

敷金及び保証金

382,489

516,448

その他

28,629

28,578

投資その他の資産合計

1,752,757

1,782,132

固定資産合計

4,058,113

29,514,090

資産合計

11,421,131

41,689,802

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成27年3月31日)

当連結会計年度

(平成28年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

131,641

451,116

短期借入金

188

19,002,638

未払金

2,604,033

3,443,188

未払費用

207,408

232,160

未払法人税等

554,460

947,942

未払消費税等

371,521

100,331

前受金

52,158

1,102,636

預り金

56,556

45,718

賞与引当金

241,572

373,715

返金引当金

135,835

129,785

その他

38,713

85,266

流動負債合計

4,394,091

25,914,499

固定負債

 

 

退職給付に係る負債

89,634

111,938

繰延税金負債

-

2,442,393

その他

14,163

63,305

固定負債合計

103,797

2,617,637

負債合計

4,497,889

28,532,136

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

304,166

304,166

利益剰余金

7,249,161

9,145,508

自己株式

1,036,485

1,036,485

株主資本合計

6,516,843

8,413,190

その他の包括利益累計額

 

 

その他有価証券評価差額金

10,403

9,888

為替換算調整勘定

287,523

135,593

その他の包括利益累計額合計

297,926

145,482

新株予約権

47,339

80,108

非支配株主持分

61,133

4,518,884

純資産合計

6,923,242

13,157,666

負債純資産合計

11,421,131

41,689,802

 

②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
【連結損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

 至 平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

売上高

15,056,370

19,069,101

売上原価

※3 1,332,631

※3 2,204,290

売上総利益

13,723,738

16,864,810

販売費及び一般管理費

※1,※2 11,644,320

※1,※2 14,108,270

営業利益

2,079,418

2,756,539

営業外収益

 

 

受取利息

5,393

10,885

有価証券利息

398

453

業務受託手数料

115

-

持分法による投資利益

413,708

781,798

コンサルティング収入

157,912

-

その他

44,351

39,059

営業外収益合計

621,879

832,197

営業外費用

 

 

為替差損

403

35,957

支払利息

4,739

35,738

自己株式取得費用

1,725

-

その他

935

7,256

営業外費用合計

7,803

78,952

経常利益

2,693,494

3,509,785

特別利益

 

 

段階取得に係る差益

185,084

-

投資有価証券売却益

1,434

240,038

特別利益合計

186,519

240,038

特別損失

 

 

固定資産除売却損

28,282

4,853

減損損失

-

16,000

退職給付制度終了損

14,604

-

投資有価証券評価損

-

83,257

投資有価証券売却損

12,440

-

関係会社株式売却損

-

18,985

貸倒引当金繰入額

-

50,567

特別損失合計

55,327

173,662

税金等調整前当期純利益

2,824,685

3,576,161

法人税、住民税及び事業税

997,497

1,265,170

法人税等調整額

4,602

98,415

法人税等合計

992,895

1,166,754

当期純利益

1,831,790

2,409,406

非支配株主に帰属する当期純利益

7,341

143,893

親会社株主に帰属する当期純利益

1,824,448

2,265,512

 

【連結包括利益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

 至 平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当期純利益

1,831,790

2,409,406

その他の包括利益

 

 

その他有価証券評価差額金

10,366

571

為替換算調整勘定

270,954

95,369

持分法適用会社に対する持分相当額

1,933

12,001

その他の包括利益合計

283,255

83,939

包括利益

2,115,045

2,325,467

(内訳)

 

 

親会社株主に係る包括利益

2,101,430

2,113,068

非支配株主に係る包括利益

13,614

212,398

 

③【連結株主資本等変動計算書】

前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

303,914

278,907

5,909,700

502,456

5,990,067

当期変動額

 

 

 

 

 

新株の発行

252

243

 

 

495

剰余金の配当

 

 

204,753

 

204,753

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

1,824,448

 

1,824,448

連結範囲の変動に伴う剰余金の増減

 

 

2,286

 

2,286

非支配株主との取引に係る親会社の持分変動

 

279,150

277,948

 

557,099

自己株式の取得

 

 

 

534,029

534,029

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

当期変動額合計

252

278,907

1,339,461

534,029

526,776

当期末残高

304,166

7,249,161

1,036,485

6,516,843

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

新株予約権

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

為替換算調整勘定

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

9,979

10,933

20,912

19,513

44,395

6,074,888

当期変動額

 

 

 

 

 

 

新株の発行

 

 

 

 

 

495

剰余金の配当

 

 

 

 

 

204,753

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

 

 

1,824,448

連結範囲の変動に伴う剰余金の増減

 

 

 

 

 

2,286

非支配株主との取引に係る親会社の持分変動

 

 

 

 

 

557,099

自己株式の取得

 

 

 

 

 

534,029

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

423

276,590

277,013

27,826

16,738

321,577

当期変動額合計

423

276,590

277,013

27,826

16,738

848,353

当期末残高

10,403

287,523

297,926

47,339

61,133

6,923,242

 

当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

当期首残高

304,166

7,249,161

1,036,485

6,516,843

当期変動額

 

 

 

 

 

新株の発行

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

283,898

 

283,898

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

2,265,512

 

2,265,512

連結範囲の変動に伴う剰余金の増減

 

 

23,025

 

23,025

非支配株主との取引に係る親会社の持分変動

 

 

62,241

 

62,241

自己株式の取得

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

当期変動額合計

 

 

1,896,347

 

1,896,347

当期末残高

304,166

9,145,508

1,036,485

8,413,190

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の包括利益累計額

新株予約権

非支配株主持分

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

為替換算調整勘定

その他の包括利益累計額合計

当期首残高

10,403

287,523

297,926

47,339

61,133

6,923,242

当期変動額

 

 

 

 

 

 

新株の発行

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

283,898

親会社株主に帰属する当期純利益

 

 

 

 

 

2,265,512

連結範囲の変動に伴う剰余金の増減

 

 

 

 

 

23,025

非支配株主との取引に係る親会社の持分変動

 

 

 

 

 

62,241

自己株式の取得

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

514

151,929

152,444

32,769

4,457,751

4,338,076

当期変動額合計

514

151,929

152,444

32,769

4,457,751

6,234,423

当期末残高

9,888

135,593

145,482

80,108

4,518,884

13,157,666

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

 至 平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

税金等調整前当期純利益

2,824,685

3,576,161

減価償却費

264,081

557,450

のれん償却額

343,300

425,672

固定資産除売却損益(△は益)

28,282

4,853

減損損失

-

16,000

段階取得に係る差損益(△は益)

185,084

-

投資有価証券売却損益(△は益)

12,440

240,038

投資有価証券評価損益(△は益)

-

83,257

退職給付制度終了損

14,604

-

持分法による投資損益(△は益)

100,373

219,277

関係会社株式売却損益(△は益)

-

18,985

貸倒引当金の増減額(△は減少)

44,311

25,804

賞与引当金の増減額(△は減少)

58,763

132,142

返金引当金の増減額(△は減少)

18,347

6,050

退職給付に係る負債の増減額(△は減少)

40,951

22,303

為替差損益(△は益)

403

35,957

売上債権の増減額(△は増加)

565,067

262,710

未払消費税等の増減額(△は減少)

281,414

277,234

前払費用の増減額(△は増加)

43,948

33,585

前受金の増減額(△は減少)

6,024

103,575

未払金の増減額(△は減少)

1,418,728

243,886

敷金及び保証金の増減額(△は増加)

55,993

29,032

その他

384,751

481,122

小計

4,015,065

3,557,017

利息及び配当金の受取額

5,945

10,669

利息の支払額

5,075

35,947

法人税等の支払額

912,475

1,287,252

営業活動によるキャッシュ・フロー

3,103,460

2,244,486

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

定期預金の預入による支出

1,356

116,512

有形固定資産の取得による支出

127,601

129,952

無形固定資産の取得による支出

618,800

772,738

投資有価証券の売却による収入

8,934

502,341

投資有価証券の取得による支出

50

8,330

関係会社株式の取得による支出

65,278

-

貸付けによる支出

19,086

37,680

連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出

※2 229,989

※2 17,907,051

その他

3,580

68,020

投資活動によるキャッシュ・フロー

1,049,649

18,401,902

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

短期借入れによる収入

188

19,004,038

株式の発行による収入

495

-

自己株式の取得による支出

534,028

-

配当金の支払額

204,410

282,744

連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得による支出

534,229

42,114

その他

-

22,925

財務活動によるキャッシュ・フロー

1,271,984

18,656,253

現金及び現金同等物に係る換算差額

10,506

54,803

現金及び現金同等物の増減額(△は減少)

792,332

2,444,033

現金及び現金同等物の期首残高

1,897,846

2,694,008

新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額

3,828

9,301

現金及び現金同等物の期末残高

※1 2,694,008

※1 5,147,343

 

【注記事項】
(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

 1.連結の範囲に関する事項

(1)連結子会社の数 39

連結子会社の名称

株式会社エス・エム・エスキャリア

株式会社エス・エム・エスサポートサービス

株式会社エイル

株式会社エス・エム・エスメディケアサービス

株式会社エス・エム・エスフィナンシャルサービス

SENIOR MARKETING SYSTEM ASIA PTE. LTD.

Senior Marketing System Korea Co., Ltd.

搜夢司(北京)諮詢服務有限公司

知恩絲网絡科技(上海)有限公司

知恩思資訊股份有限公司

台灣健康宅配科技股份有限公司

SMS PHILIPPINES HEALTHCARE SOLUTIONS INC.

PT. SENIOR MARKETING SYSTEM INDONESIA

PT. MEETDOCTOR

SENIOR MARKETING SYSTEM SDN.BHD.

Centium Software Sdn Bhd

SENIOR MARKETING SYSTEM (THAILAND) CO., LTD.

eChannelling PLC

EHEALTHWISE SERVICES PTY LTD

Medica Asia (Holdco) Limited

MIMS Pte. Ltd.

KIMS Limited

MIMS (Shanghai) Ltd.

MediData Zhuhai Ltd.

MIMS (Hong Kong) Limited

MIMS Events (Hong Kong) Limited

MediMarketing, Inc.

PT Medidata Indonesia

MIMS Medica Sdn Bhd

Wadoc Pte. Ltd.

Medidata Pte. Ltd.

MIMS Integrated Pte. Ltd.

Medidata (Thailand) Ltd.

TIMS (Thailand) Ltd.

UBM Medica India Private Limited.

MIMS Australia Pty Ltd

Medica Asia Australia (Holdco) Pty Limited

Medica Asia Australia Pty Limited

MIMS (NZ) Limited

 

 平成27年4月1日付で株式会社エイルの発行済株式の72.2%を取得し子会社化いたしました。

 平成27年4月1日付でSMS KOREA CO., LTD.を清算結了し連結の範囲から除外いたしました。

 平成27年8月6日付でシンガポールにて、シンガポールにおける連結子会社SENIOR MARKETING SYSTEM ASIA PTE. LTD.が100%出資の子会社としてWadoc Pte. Ltd.を設立いたしました。

 平成27年10月7日付でMIMSグループの持株会社であるMedica Asia (Holdco) Limited社の60.0%を取得し、同社及び同社の子会社19社を子会社化いたしました。

 平成28年3月1日付で株式会社ピュアナースは株式会社エス・エム・エスキャリアと合併し連結の範囲から除外いたしました。

 平成28年3月28日付でSMS Vietnam Company Limited.の全持分を売却し連結の範囲から除外いたしました。

 なお、非連結子会社であったPT. MEETDOCTORは、重要性が増したため、当連結会計年度末より連結の範囲に含めております。

 

(2)非連結子会社の数 2社

非連結子会社の名称

Time Creation Limited

This Source (Pvt) Ltd

 

(連結の範囲から除いた理由)

 非連結子会社は小規模で、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしておらず、また、経営に関する直接的な影響力が他の子会社に比べて相対的に小さいため、連結の範囲から除いております。

 

2.持分法の適用に関する事項

(1)持分法適用の関連会社数 3

関連会社の名称

エムスリーキャリア株式会社

VIET NAM HIGH TECHNOLOGY SERVICES AND SOLUTIONS PROVIDING JOINT STOCK COMPANY

Luvina Software Joint Stock Company

 平成28年1月22日付で株式会社QLifeの全株式を売却し持分法の範囲から除外いたしました。

 

(2)持分法を適用していない関連会社の数 1社

持分法を適用していない関連会社の名称

HelpingDoc Private Limited

 

(3)持分法を適用していない非連結子会社の数 2社

持分法を適用していない非連結子会社の名称

Time Creation Limited

This Source (Pvt) Ltd

 

(持分法適用の範囲から除いた理由)

 持分法を適用していない会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。

 

3.連結子会社の事業年度等に関する事項

 株式会社エス・エム・エスキャリア、株式会社エス・エム・エスサポートサービス、株式会社エイル、株式会社エス・エム・エスメディケアサービス、株式会社エス・エム・エスフィナンシャルサービス及びeChannelling PLCの決算日は3月末日であり、連結決算日(3月末日)と一致しております。

 また、上記以外の連結子会社の決算日は、いずれも12月31日です。連結財務諸表の作成に当たって、これらの会社については連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。

 

4.会計方針に関する事項

(1)重要な資産の評価基準及び評価方法

イ  有価証券

 その他有価証券

時価のないもの

  移動平均法による原価法を採用しております。

ロ  たな卸資産

商品及び製品、仕掛品、貯蔵品

 主として移動平均法による原価法を採用しております。(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切下げの方法により算定)

 

(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

イ  有形固定資産

定率法を採用しております。

なお、主な耐用年数は以下のとおりです。

建物

6〜15年

工具、器具及び備品

3〜9年

機械装置及び運搬具

2〜5年

ロ  無形固定資産

定額法を採用しております。

ソフトウェア

2〜5年

商標権

非償却

顧客関係資産

12年

 

(3)重要な引当金の計上基準

イ  貸倒引当金

  債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております

ロ  賞与引当金

  従業員の賞与支給に備えて、賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております

ハ  返金引当金

  当社と事業者間の人材紹介取引契約書の返金制度に基づき、求職者の退社に伴う返金の支払に備えるため、実績率により返金見込額を計上しております

 

(4)退職給付に係る会計処理の方法

イ 退職給付見込額の期間帰属方法

 退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、期間定額基準によっております。

ロ 数理計算上の差異の費用処理方法

 数理計算上の差異は、発生した連結会計年度に一括処理することとしております。

 

(5)重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準

  外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めて計上しております。

 

(6)のれんの償却方法及び償却期間

  のれんの償却については、その効果の及ぶ期間(20年以内)に基づき定額法により償却を行っております。

 

(7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

  手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。

 

(8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

   消費税等の会計処理

  消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当連結会計年度の費用として処理しております。

(未適用の会計基準等)

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

(表示方法の変更)

(連結貸借対照表)
 前連結会計年度において、「流動負債」の「その他」に含めていた「短期借入金」は、重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
 この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「その他」に表示していた38,901千円は、「短期借入金」188千円、「その他」38,713千円として組み替えております。

 

(連結キャッシュ・フロー計算書)

 前連結会計年度において、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めていた「短期借入れによる収入」は、重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。

 この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「その他」に表示していた188千円は、「短期借入れによる収入」188千円として組み替えております。

 

(企業結合に関する会計基準等の適用に伴う変更)

 「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)第39項に掲げられた定め等を適用し、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前連結会計年度については、連結財務諸表の組替えを行っております。

(連結貸借対照表関係)

※ 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりです。(単位:千円)

 

前連結会計年度

(平成27年3月31日)

当連結会計年度

(平成28年3月31日)

投資有価証券(株式)

1,078,234

958,951

 

(連結損益計算書関係)

※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。(単位:千円)

 

 前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

  至 平成27年3月31日)

 当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

  至 平成28年3月31日)

給料手当

3,808,905

4,678,830

広告宣伝費

2,519,267

2,772,896

のれん償却費

343,300

425,672

減価償却費

264,081

557,450

業務委託費

1,606,425

2,117,667

法定福利費

537,282

697,945

地代家賃

460,594

579,930

賞与引当金繰入額

204,986

282,668

退職給付費用

51,845

30,794

貸倒引当金繰入額

75,661

45,861

 

※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は次のとおりです。(単位:千円)

 前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

  至 平成27年3月31日)

 当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

  至 平成28年3月31日)

21,643

24,422

 

※3 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれております。(単位:千円)

 前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

  至 平成27年3月31日)

 当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

  至 平成28年3月31日)

12,323

11,872

 

(連結包括利益計算書関係)

※  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

 

前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

その他有価証券評価差額金:

 

 

当期発生額

15,322千円

△824千円

組替調整額

税効果調整前

15,322

△824

税効果額

△4,955

252

その他有価証券評価差額金

10,366

△571

為替換算調整勘定:

 

 

当期発生額

270,954

△114,519

組替調整額

19,150

為替換算調整勘定

270,954

△95,369

持分法適用会社に対する持分相当額:

 

 

当期発生額

△9,406

12,001

組替調整額

11,340

-

持分法適用会社に対する持分相当額

1,933

12,001

その他の包括利益合計

283,255

△83,939

 

(連結株主資本等変動計算書関係)

前連結会計年度(自平成26年4月1日 至平成27年3月31日)

1.発行済株式の種類及び総数ならびに自己株式の種類及び株式数に関する事項

(単位:株)

 

 

当連結会計年度期首株式数

当連結会計年度増加株式数

当連結会計年度減少株式数

当連結会計年度末株式数

発行済株式

 

 

 

 

普通株式(注)2

20,935,200

20,952,000

41,887,200

 合計

20,935,200

20,952,000

41,887,200

自己株式

 

 

 

 

普通株式(注)3

459,900

870,372

1,330,272

 合計

459,900

870,372

1,330,272

(注)1.当社は、平成26年11月19日開催の取締役会決議に基づき、平成27年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。

   2.発行済株式の総数の増加は、株式分割による増加20,943,600株、ストックオプションの行使による増加8,400株であります。

3.自己株式の数の増加は、株式分割による増加620,832株、自己株式の取得による増加249,540株であります。

 

2.新株予約権に関する事項

 

区分

新株予約権の内訳

新株予約権の目的となる

株式の種類

新株予約権の目的となる株式の数(株)

当連結会計

年度末残高

(千円)

当連結会計

年度期首

当連結会計

年度増加

当連結会計

年度減少

当連結会計

年度末

提出会社

(親会社)

 

平成18年2月 第5回

ストック・オプション

普通株式

16,800

16,800

平成23年8月 第7回

ストック・オプション

普通株式

54,400

54,400

3,686

平成24年7月 第8回

ストック・オプション

普通株式

91,200

91,200

13,142

平成25年7月 第9回

ストック・オプション

普通株式

100,800

100,800

12,423

平成26年7月 第10回

ストック・オプション

普通株式

200,000

200,000

18,085

 合計

263,200

200,000

16,800

446,400

47,339

 

(注)1. 上表の新株予約権は、第5回分については平成19年2月18日から権利行使可能となっております。また、第7回分については平成28年8月19日より、第8回分については平成29年7月20日より、第9回分については平成30年7月18日より、第10回分については平成33年7月17日より権利行使可能となります。

2. 増加数は新株予約権の発行によるものです。

3. 当社は、平成26年11月19日開催の取締役会決議に基づき、平成27年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。表中は分割後の株式数を記載しております。

 

3.配当に関する事項

(1)配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額(円)

基準日

効力発生日

平成26年6月20日

定時株主総会

普通株式

204,753

10

平成26年3月31日

平成26年6月23日

 

(注)当社は平成27年1月1日付で1株を2株にする株式分割を行っております。上記の1株当たり配当額10円は当該株式分割前の金額であります。

 

(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

決議

株式の種類

配当の原資

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額(円)

基準日

効力発生日

平成27年6月24日

定時株主総会

普通株式

利益剰余金

283,898

7

平成27年3月31日

平成27年6月25日

 

当連結会計年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)

1.発行済株式の種類及び総数ならびに自己株式の種類及び株式数に関する事項

(単位:株)

 

 

当連結会計年度期首株式数

当連結会計年度増加株式数

当連結会計年度減少株式数

当連結会計年度末株式数

発行済株式

 

 

 

 

普通株式

41,887,200

41,887,200

 合計

41,887,200

41,887,200

自己株式

 

 

 

 

普通株式

1,330,272

1,330,272

 合計

1,330,272

1,330,272

 

2.新株予約権に関する事項

 

区分

新株予約権の内訳

新株予約権の目的となる

株式の種類

新株予約権の目的となる株式の数(株)

当連結会計

年度末残高

(千円)

当連結会計

年度期首

当連結会計

年度増加

当連結会計

年度減少

当連結会計

年度末

提出会社

(親会社)

 

平成23年8月 第7回

ストック・オプション

普通株式

54,400

16,000

38,400

4,021

平成24年7月 第8回

ストック・オプション

普通株式

91,200

19,200

72,000

15,813

平成25年7月 第9回

ストック・オプション

普通株式

100,800

28,800

72,000

18,073

平成26年7月 第10回

ストック・オプション

普通株式

200,000

200,000

42,200

 合計

446,400

64,000

382,400

80,108

 

(注)1.上表の新株予約権は、第7回分については平成28年8月19日より、第8回分については平成29年7月20日より、第9回分については平成30年7月18日より、第10回分については平成33年7月17日より権利行使可能となります。

2.減少数は新株予約権の権利失効によるものです。

 

3.配当に関する事項

(1)配当金支払額

決議

株式の種類

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額(円)

基準日

効力発生日

平成27年6月24日

定時株主総会

普通株式

283,898

7

平成27年3月31日

平成27年6月25日

 

 

(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

決議

株式の種類

配当の原資

配当金の総額

(千円)

1株当たり配当額(円)

基準日

効力発生日

平成28年6月24日

定時株主総会

普通株式

利益剰余金

283,898

7

平成28年3月31日

平成28年6月27日

 

(連結キャッシュ・フロー計算書関係)

※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

 

 

 

前連結会計年度

(自  平成26年4月1日

至  平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

現金及び預金勘定

2,708,623

千円

5,291,707

千円

預入期間が3か月を超える定期預金

△14,615

 

△144,364

 

現金及び現金同等物

2,694,008

 

5,147,343

 

 

※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

   前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 株式の取得により新たにeChannelling PLC社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳ならびにeChannelling PLC社株式の取得価額とeChannelling PLC社取得のための支出(純額)との関係は次の通りです。

 

流動資産

28,243

千円

 

固定資産

110,103

 

 

のれん

600,141

 

 

流動負債

△35,265

 

 

固定負債

△1,713

 

 

非支配株主持分

△66,504

 

 

小計

635,005

 

 

支配獲得時までの持分法評価額

△213,684

 

 

段階取得に係る差益

△185,084

 

 

現金及び現金同等物

△10,821

 

 

差引:eChannelling PLC社取得のための支出

225,415

 

 

   当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 MIMSグループの持株会社であるMedica Asia(Holdco)Limited.の株式を取得したことにより新たにMIMSグループを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳ならびにMedica Asia(Holdco)Limited.株式の取得価額と取得のための支出(純額)との関係は次の通りです。

 

流動資産

1,914,880

千円

 

固定資産

13,575,595

 

 

のれん

11,920,862

 

 

流動負債

△2,482,056

 

 

固定負債

△2,450,646

 

 

為替換算調整勘定

158,314

 

 

非支配株主持分

△4,223,108

 

 

小計

18,413,839

 

 

現金及び現金同等物

△529,908

 

 

差引:MIMSグループ取得のための支出

17,883,931

 

 

(リース取引関係)

 当連結会計年度における当社のリース取引は、全て事業内容に照らして重要性に乏しいリース取引で、リース契約1件当たりの金額が少額であるため、注記を省略しております。

(金融商品関係)

1.金融商品の状況に関する事項

(1)金融商品に対する取組方針

 当社は、営業活動によって獲得した資金を以て事業運営を行うことを原則としております。また、一時的な余剰資金は安全性の高い金融資産で運用しており、売買益を目的とするような投機的な取引は一切行わない方針です。

(2)金融商品の内容及びそのリスクならびにリスク管理体制

 営業債権である売掛金、未収入金は、そのほとんどが2ヵ月以内の入金期日となっており、顧客の信用リスクは限定的です。また当該リスクに関しては、当社の与信管理規程に則り、相手先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、信用状況を把握する体制としています。
 投資有価証券である株式は、非上場株式であるため時価評価が困難です。また、その投資先の一部は外国企業であるため為替リスクにも晒されております。ただし、投資先の事業進捗について適宜モニタリングを行っているため、リスクは限定的です。
 敷金及び保証金は、主に本社・事業所建物の賃貸借契約に伴うものです。その差入先に対する信用リスクについては、賃貸借契約締結前に信用状況を調査・把握する体制としています。
 営業債務である未払金、未払法人税等は、そのほとんどが1年以内の支払期日です。これらの営業債務などの流動負債は、その決済時において流動性リスクに晒されますが、当社は、毎月資金繰計画を見直すなどの方法により、そのリスクを回避しております。

 短期借入金は、主にM&Aにおける株式取得を目的としたものであり、金利の変動リスクに晒されますが、今後の事業計画や資金需要等を踏まえた資金繰計画を随時検討するなどの方法により、そのリスクを回避しております。

(3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

 金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。

2.金融商品の時価等に関する事項

  連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。

 

前連結会計年度(平成27年3月31日)

 

連結貸借対照表計上額

(千円)

時価(千円)

差額(千円)

(1) 現金及び預金

2,708,623

2,708,623

(2) 売掛金

2,486,428

 

 

       貸倒引当金(*1)

△93,840

 

 

 

2,392,587

2,392,587

(3) 未収入金

1,306,471

1,306,471

(4) 敷金及び保証金

382,489

338,694

△43,795

    資産計

6,790,172

6,746,376

△43,795

(5) 未払金

2,604,033

2,604,033

(6) 未払法人税等

554,460

554,460

    負債計

3,158,493

3,158,493

  (*1)売掛金に対応する貸倒引当金を控除しております。

 

当連結会計年度(平成28年3月31日)

 

連結貸借対照表計上額

(千円)

時価(千円)

差額(千円)

(1) 現金及び預金

5,291,707

5,291,707

(2) 売掛金

3,982,752

 

 

       貸倒引当金(*1)

△171,014

 

 

 

3,811,737

3,811,737

(3) 未収入金

1,891,531

1,891,531

(4) 敷金及び保証金

516,448

503,627

△12,821

    資産計

11,511,425

11,498,604

△12,821

(5) 短期借入金

19,002,638

19,002,638

(6) 未払金

3,443,188

3,443,188

(7) 未払法人税等

947,942

947,942

    負債計

23,393,769

23,393,769

  (*1)売掛金に対応する貸倒引当金を控除しております。

 

 (注)1.金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券に関する事項

資  産

(1)現金及び預金、(2)売掛金、(3)未収入金

  これらは短期間で決済される性格のものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいといえることから、当該帳簿価額によっております。なお、売掛金については、信用リスクを個別に把握することが極めて困難なため、貸倒引当金を信用リスクと見做し、時価を算定しております。

(4) 敷金及び保証金

 これらは主に本社及び事業所の賃貸借契約に伴うものです。時価については、本社及び事業所別の敷金及び保証金から将来の発生が予想される原状回復費見込額を控除したものに対し、合理的な利率で割り引いた現在価値によっております。

負  債

(5) 短期借入金、(6) 未払金、(7) 未払法人税等

 これらは短期間で決済される性格のものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいといえることから、当該帳簿価額によっております。

 

2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

(単位:千円)

 

区分

前連結会計年度

(平成27年3月31日)

当連結会計年度

(平成28年3月31日)

投資有価証券

 

 

 非上場株式

1,240,328

1,025,966

これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから上表には含めておりません。

 

3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

前連結会計年度(平成27年3月31日)

 

1年以内
 (千円)

1年超
5年以内
 (千円)

5年超
10年以内
 (千円)

10年超
 (千円)

現金及び預金

2,706,028

売掛金

2,486,428

投資有価証券

 

 

 

 

その他有価証券のうち満期があるもの

 

 

 

 

債券(社債)

79,750

合計

5,192,456

79,750

 

当連結会計年度(平成28年3月31日)

 

1年以内
 (千円)

1年超
5年以内
 (千円)

5年超
10年以内
 (千円)

10年超
 (千円)

現金及び預金

5,263,019

売掛金

3,982,752

投資有価証券

 

 

 

 

その他有価証券のうち満期があるもの

 

 

 

 

債券(社債)

40,150

合計

9,245,771

40,150

 

(有価証券関係)

1.減損処理を行った有価証券

前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

(退職給付関係)

1.採用している退職給付制度の概要

  当社グループは、退職一時金制度のみを採用しております。

 

2.確定給付制度

(1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表

 

 

前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

 

退職給付債務の期首残高

128,872

千円

89,634

千円

 

勤務費用

38,736

 

22,721

 

 

利息費用

570

 

308

 

 

数理計算上の差異の発生額

12,538

 

7,764

 

 

退職給付の支払額

△24,861

 

△8,490

 

 

退職給付制度の終了による減少

△66,221

 

-

 

 

退職給付債務の期末残高

89,634

 

111,938

 

 

(2) 退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

 

 

前連結会計年度

(平成27年3月31日)

当連結会計年度

(平成28年3月31日)

 

非積立型制度の退職給付債務

89,634

千円

111,938

千円

 

退職給付に係る負債

89,634

 

111,938

 

 

(3) 退職給付費用及びその内訳項目の金額

 

 

前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

 

勤務費用

38,736

千円

22,721

千円

 

利息費用

570

 

308

 

 

数理計算上の差異の費用処理額

12,538

 

7,764

 

 

確定給付制度に係る退職給付費用

51,845

 

30,794

 

 

(4) 数理計算上の計算基礎に関する事項

主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表しております。)

 

 

前連結会計年度

(平成27年3月31日)

当連結会計年度

(平成28年3月31日)

 

割引率

0.4%

0.3%

 

(ストック・オプション等関係)

1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名

(単位:千円)

 

 

前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

一般管理費の株式報酬費

27,825

32,769

 

 2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

 (1) ストック・オプションの内容

 

第7回

ストック・オプション

第8回

ストック・オプション

第9回

ストック・オプション

付与対象者の区分及び数

役員4名、従業員9名

役員5名、従業員9名

役員4名、従業員13名

ストック・オプション数

(注1、2)

54,400株

91,200株

100,800株

付与日

平成23年8月18日

平成24年7月19日

平成25年7月18日

権利確定条件

当社または当社の関係会社の役職員であること。(ただし、任期満了による退任、定年退職ならびにその他正当な理由のある場合はその限りではない。)

その他の条件については、新株予約権割当契約書に定めるところによる。

当社または当社の関係会社の役職員であること。(ただし、任期満了による退任、定年退職ならびにその他正当な理由のある場合はその限りではない。)

その他の条件については、新株予約権割当契約書に定めるところによる。

当社または当社の関係会社の役職員であること。(ただし、任期満了による退任、定年退職ならびにその他正当な理由のある場合はその限りではない。)

その他の条件については、新株予約権割当契約書に定めるところによる。

対象勤務期間

自 平成23年8月18日

至 平成28年8月18日

自 平成24年7月19日

至 平成29年7月19日

自 平成25年7月18日

至 平成30年7月18日

権利行使期間

自 平成28年8月19日

至 平成33年8月18日

自 平成29年7月20日

至 平成34年7月19日

自 平成30年7月19日

至 平成35年7月18日

 

 

第10回

ストック・オプション

付与対象者の区分及び数

役員1名

ストック・オプション数

(注1、2)

200,000株

付与日

平成26年7月17日

権利確定条件

当社の取締役であること。(ただし、任期満了による退任ならびにその他正当な理由のある場合はその限りではない。)

その他の条件については、新株予約権割当契約書に定めるところによる。

対象勤務期間

自 平成26年7月17日

至 平成33年7月17日

権利行使期間

自 平成33年7月17日

至 平成36年7月16日

(注) 1.株式数に換算して記載しております。

2.当社は、平成26年11月19日開催の取締役会決議に基づき、平成27年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。なお、表中の株式数は分割後の株式数を記載しております。

 (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

 当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。

① ストック・オプションの数

(単位:株)

 

 

第7回

ストック・オプション

第8回

ストック・オプション

第9回

ストック・オプション

権利確定前

 

 

 

前連結会計年度末

54,400

91,200

100,800

付与

株式分割による増加

失効

16,000

19,200

28,800

権利確定

未確定残

38,400

72,000

72,000

権利確定後

 

 

 

前連結会計年度末

権利確定

株式分割による増加

権利行使

失効

未行使残

 

 

第10回

ストック・オプション

権利確定前

 

前連結会計年度末

200,000

付与

株式分割による増加

失効

権利確定

未確定残

200,000

権利確定後

 

前連結会計年度末

権利確定

株式分割による増加

権利行使

失効

未行使残

(注)当社は、平成26年11月19日開催の取締役会決議に基づき、平成27年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。なお、表中の株式数は分割後の株式数を記載しております。

 

② 単価情報

 

 

第7回

ストック・オプション

第8回

ストック・オプション

第9回

ストック・オプション

権利行使価格

(円)

213

468

743

行使時平均株価

(円)

公正な評価単価(付与日)

(円)

112

293

457

 

 

 

第10回

ストック・オプション

権利行使価格

(円)

1,471

行使時平均株価

(円)

公正な評価単価(付与日)

(円)

844

(注) 当社は、平成26年11月19日開催の取締役会決議に基づき、平成27年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。表中は分割後の価格を記載しております。

 

 3.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

     基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。

 

(税効果会計関係)

 1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

前連結会計年度

(平成27年3月31日)

 

 

当連結会計年度

(平成28年3月31日)

繰延税金資産

 

 

 

未払事業税

26,763 千円

 

40,267 千円

賞与引当金繰入否認

82,943

 

79,563

返金引当金繰入否認

48,030

 

45,179

未払法定福利費

11,188

 

18,346

貸倒引当金繰入限度超過額

16,833

 

27,293

返品調整引当金

1,554

 

1,203

退職給付制度終了損否認

26,754

 

-

ソフトウェア償却超過

79,098

 

93,427

退職給付引当金繰入否認

27,663

 

35,834

株式取得費用

-

 

88,348

繰越欠損金

319,787

 

406,418

その他

3,432

 

50,199

繰延税金資産小計

644,051

 

886,084

評価性引当額

△328,129

 

△406,725

繰延税金資産合計

315,922

 

479,358

繰延税金負債

 

 

 

顧客関係資産

-

 

2,442,301

その他有価証券評価差額金

157

 

91

繰延税金負債合計

157

 

2,442,393

繰延税金資産の純額

315,764

 

△1,963,035

 

 2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

 

 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため、記載を省略しております。

 

 3.法人税等の税率変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

    「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の32.34%から平成28年4月1日に開始する連結会計年度及び平成29年4月1日に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異等については30.86%に、平成30年4月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異等については、30.62%となります。

    なお、当該変更が連結財務諸表に与える影響は軽微です。

 

 4.連結納税制度導入に伴う会計処理

    当社及び一部の連結子会社は、当連結会計年度中に連結納税制度の承認申請を行ない、翌連結会計年度から連結納税制度が適用されることとなったため、当連結会計年度より「連結納税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い(その1)」(企業会計基準委員会実務対応報告第5号 平成27年1月16日)及び「連結納税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い(その2)」(企業会計基準委員会実務対応報告第7号 平成27年1月16日)に基づき、連結納税制度の適用を前提とした会計処理を行なっています。

 

(企業結合等関係)

取得による企業結合

1. 企業結合の概要

 (1) 被取得企業の名称及びその事業の内容

被取得企業の名称     Medica Asia (Holdco) Limited 社

事業の内容        医療従事者向け医薬情報サービスの提供

 (2) 企業結合を行った主な理由

MIMSグループをアジア・オセアニア地域での事業展開の核とすることで、当社海外戦略を強力に推進し、更なる成長を実現していくためです。

 (3) 企業結合日

平成27年10月7日

 (4) 企業結合の法的形式

現金を対価とする株式取得

 (5) 結合後企業の名称

結合後企業の名称に変更はありません。

 (6) 取得した議決権比率

取得後の議決権比率    60%

 (7) 取得企業を決定するに至った主な根拠

当社による現金を対価とした持分の取得であるため。

2. 連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

平成27年10月1日から平成27年12月31日まで

3. 被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

取得の対価       現金及び預金       18,413,839千円

取得原価                     18,413,839千円

4. 主要な取得関連費用の内容及び金額

アドバイザリー費用等      309,415千円

5. 発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

 (1) 発生したのれんの金額

11,920,862千円

 (2) 発生原因

今後の事業展開によって期待される超過収益力から発生したものです。

 (3) 償却方法及び償却期間

20年間にわたる均等償却

6. 企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

流動資産            1,914,880千円

固定資産            13,575,595千円

資産合計            15,490,475千円

流動負債            2,482,056千円

固定負債            2,450,646千円

負債合計            4,932,703千円

7. のれん以外の無形資産に配分された金額及びその主要な種類別の内訳並びに主要な種類別の償却期間

商標権        9,992,668千円   償却期間 非償却

顧客関係資産     3,094,968千円   償却期間 12年

8. 企業結合が当連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響の概算額及びその算定方法

概算額の算定が困難であるため試算しておりません。

 

 

 

(資産除去債務関係)

資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの

イ  当該資産除去債務の概要

  本社及び国内事業所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。

 

ロ  当該資産除去債務の金額の算定方法

  過去の原状回復費用の発生実績をもとに資産除去債務を算定し、過去の入居期間の実績をもとに使用見込期間を3年と見積った上で償却を行っております。

 

ハ  当該資産除去債務の総額の増減

 

前連結会計年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

期首残高

19,520 千円

14,078 千円

固定資産の取得に伴う増加額

6,915

5,458

資産除去債務の履行による減少額

△12,357

△13,010

期末残高

14,078

6,526

 

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

報告セグメントの概要

当社及び連結子会社の事業は、高齢社会に適した情報インフラの構築を目的とする事業ならびにこれらに付帯する業務の単一事業です。

従って、開示対象となるセグメントはありませんので、記載を省略しております。

 

【関連情報】

 記載すべき事項はありません。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

 前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

  当社グループは、単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

 当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

  当社グループは、単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

 記載すべき事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

 記載すべき事項はありません。

 

【関連当事者情報】

1.関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

  連結財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

前連結会計年度(自平成26年4月1日 至平成27年3月31日)

種類

会社等

の名称

所在地

資本金または出資金

(千円)

事業の内容

または職業

議決権等の所有

(被所有)割合

関連当事者との関係

取引の

内容

取引

金額

(千円)

科目

期末

残高

(千円)

関連

会社

エムスリー

キャリア

株式会社

東京都港区

50,000

 医療従事者及び関連人材を対象とした人材紹介事業等

(所有)

直接49%

経営コンサルティング

役員兼任

コンサルティング業務

157,912

未収入金

171,547

(注)1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

      2.コンサルティング業務については、経営指導業務契約を締結し、業績に応じた報酬額の算定を行う旨、定めております。

 

当連結会計年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)

  該当事項はありません。

 

 

2.親会社または重要な関連会社に関する注記

 重要な関連会社の要約財務情報

   当連結会計年度において、重要な関連会社はエムスリーキャリア株式会社であり、その要約財務情報は以下のとおりです。

 

 

エムスリーキャリア㈱

前連結会計年度

当連結会計年度

流動資産合計

2,423,220 千円

2,861,133 千円

固定資産合計

181,386

228,339

 

 

 

流動負債合計

1,114,850

1,239,479

固定負債合計

25,325

 

 

 

純資産合計

1,464,431

1,849,992

 

 

 

売上高

5,712,352

6,924,623

税引前当期純利益金額

1,727,124

2,292,466

当期純利益金額

1,148,002

1,533,564

 

(1株当たり情報)

 

 

 

前連結会計年度

(自  平成26年4月1日

至  平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

1株当たり純資産額

168.03円

211.03円

1株当たり当期純利益金額

44.72円

55.86円

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

44.60円

55.69円

(注)1.当社は、平成26年11月19日開催の当社取締役会の決議に基づき、平成27年1月1日付で株式1株につき2株の株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。

 

前連結会計年度

(自  平成26年4月1日

至  平成27年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益金額(千円)

1,824,448

2,265,512

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益金額(千円)

1,824,448

2,265,512

期中平均株式数(株)

40,801,154

40,556,928

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)

普通株式増加数(株)

105,111

122,019

(うち新株予約権(株))

(105,111)

(122,019)

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要

平成26年6月20日定時株主総会決議の新株予約権

普通株式 200,000株

平成26年6月20日定時株主総会決議の新株予約権

普通株式 200,000株

 

(重要な後発事象)

    該当事項はありません。

⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】

 該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

 

区分

当期首残高(千円)

当期末残高(千円)

平均利率(%)

返済期限

短期借入金

       188

    19,002,638

    0.27

合計

       188

    19,002,638

 

 

【資産除去債務明細表】

  「資産除去債務関係」注記において記載しているため、省略しております。

 

(2)【その他】

当連結会計年度における四半期情報等

(累計期間)

第1四半期

第2四半期

第3四半期

当連結会計年度

売上高(千円)

5,421,407

9,325,242

12,842,667

19,069,101

税金等調整前四半期(当期)純利益金額(千円)

1,868,823

2,390,401

2,113,864

3,576,161

親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益金額(千円)

1,292,536

1,602,180

1,371,898

2,265,512

1株当たり四半期(当期)

純利益金額(円)

31.87

39.50

33.83

55.86

 

(会計期間)

第1四半期

第2四半期

第3四半期

第4四半期

1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額(△)(円)

31.87

7.63

△5.68

22.03

 





出典: 株式会社エス・エム・エス、2016-03-31 期 有価証券報告書