有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第28期

第29期

第30期

第31期

第32期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上高

(千円)

13,018,647

12,443,202

11,940,401

13,393,753

13,891,946

経常利益

(千円)

558,444

153,668

83,725

236,297

494,317

親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

353,719

7,728

330,671

216,744

304,860

包括利益

(千円)

387,530

53,143

429,651

101,166

195,523

純資産額

(千円)

1,949,284

1,906,744

1,423,144

1,402,135

1,555,466

総資産額

(千円)

4,751,074

5,613,117

5,291,734

5,773,467

5,706,035

1株当たり純資産額

(円)

515.76

501.30

371.66

171.78

198.20

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

102.54

2.18

93.76

30.22

41.57

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

97.89

41.51

自己資本比率

(%)

38.4

31.6

25.1

21.8

25.5

自己資本利益率

(%)

21.7

22.4

株価収益率

(倍)

11.75

19.82

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

822,795

377,447

37,765

24,024

352,442

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

376,792

85,358

91,883

159,996

325,066

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

491,646

551,171

90,480

212,109

92,437

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

875,061

996,512

902,537

1,045,045

995,450

従業員数

(人)

197

186

196

260

273

(外、平均臨時雇用者数)

(15)

(12)

(146)

(153)

(177)

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.平成29年5月30日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第31期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

3.第29期、第30期及び第31期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

4.第29期、第30期及び第31期の自己資本利益率については、当期純損失であるため記載しておりません。

5.第29期、第30期及び第31期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

6.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(アルバイト社員)は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第28期

第29期

第30期

第31期

第32期

決算年月

平成25年6月

平成26年6月

平成27年6月

平成28年6月

平成29年6月

売上高

(千円)

4,310,007

4,393,435

4,574,857

4,519,391

4,824,409

経常利益

(千円)

404,072

329,287

262,749

545,573

249,856

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

279,613

169,267

330,835

118,767

136,341

資本金

(千円)

451,993

453,245

461,996

475,518

483,441

発行済株式総数

(株)

3,534,400

3,542,400

3,611,200

3,697,600

7,417,200

純資産額

(千円)

1,453,959

1,554,996

1,160,282

1,272,911

1,332,633

総資産額

(千円)

2,351,492

3,099,201

2,691,753

2,613,085

2,804,073

1株当たり純資産額

(円)

411.37

438.97

318.67

168.16

176.04

1株当たり配当額

(円)

20.00

20.00

10.00

30.00

10.00

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

(5.00)

()

1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額(△)

(円)

81.06

47.82

93.82

16.56

18.59

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

77.38

46.26

16.32

18.56

自己資本比率

(%)

61.8

50.2

42.4

47.2

46.2

自己資本利益率

(%)

21.3

11.3

10.0

10.8

株価収益率

(倍)

14.87

19.70

28.18

44.32

配当性向

(%)

25.3

41.8

90.6

53.8

従業員数

(人)

126

125

124

143

155

(外、平均臨時雇用者数)

(12)

(10)

(13)

(16)

(14)

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.平成29年5月30日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、第31期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第30期については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

4.第30期の自己資本利益率については、当期純損失であるため記載しておりません。

5.第30期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

6.第30期の配当性向については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

7.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(アルバイト社員)は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。

2【沿革】

年月

事項

昭和60年7月

東京都中野区中野において、企業のPR(パブリック・リレーションズの略。以下、「PR」という。)をサポートするPR代行会社として株式会社サニーサイドアップを設立。

平成3年7月

宮塚英也(トライアスロン選手)とマネジメント契約を締結。マネジメント事業を開始。

平成5年5月

Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)発足にあわせ、サッカー選手に対するマネジメント業務を開始。前園真聖(サッカー選手)とマネジメント契約を締結。

平成7年7月

本社を東京都新宿区愛住町に移転。

平成10年1月

中田英寿(サッカー選手)とマネジメント契約を締結。

平成10年5月

中田英寿オフィシャルウェブサイトnakata.netを開設。

平成10年7月

マネジメント部を設置。

平成12年7月

エンタテインメント事業部を設置しコンテンツ開発事業を開始。アスリート以外に大黒摩季らアーティスト、スペシャリストのマネジメント及び企画開発業務を開始。

平成15年6月

日本競泳界初のプロ選手として北島康介(水泳選手)とマネジメント契約を締結。

平成17年1月

本社を東京都渋谷区千駄ヶ谷へ移転。

平成18年2月

マネジメント本部内にアスリート部及びスペシャリスト部を設置。

平成18年7月

株式会社ワイズインテグレーションを完全子会社化。SP・MD事業を開始。

平成20年9月

大阪証券取引所ヘラクレス(現 東京証券取引所JASDAQ(グロース))に株式上場。

平成20年11月

株式会社フライパンを合弁で新設し、株式の51%を取得。子会社としてbillsの直営化を開始する。

平成21年7月

本社を東京都渋谷区千駄ヶ谷(現在の本社所在地)へ移転。

平成23年1月

WIST INTERNATIONAL LIMITEDの株式60%を取得し、子会社化。アジアにおける販促物等の生産拠点を保有(平成25年11月に資本関係解消)。

平成23年8月

中期経営計画「創造型PR商社への事業構造転換」を発表。従来受託型ビジネスに留まらず、自ら事業を手掛ける創造型ビジネスに積極着手。

平成24年7月

株式会社クムナムエンターテインメントを新設し、100%子会社とする。

平成24年7月

Flypan Hawaii,Inc(現 SSU HAWAII,INC)を新設し、株式会社フライパンの100%子会社(現在は当社の100%子会社)とする。

平成24年7月

bills waikiki LLCを新設し、Flypan Hawaii,Incが90%の株式を取得、子会社とする。

平成25年12月

SUNNY SIDE UP KOREA.INCを新設し、100%子会社とする。

平成26年5月

株式会社NEXTDREAMを合弁で新設し、株式の51%を取得、子会社とする。

平成26年8月

中長期経営計画「Road to 2020 and beyond」を発表。

株式会社サニーサイドアップキャリアを新設し、100%子会社とする。

平成26年11月

株式会社スクランブルを新設し、100%子会社とする。

平成26年11月

株式会社NEXTDREAM(現 株式会社エアサイド)の株式49%を取得、100%子会社とする。

平成27年12月

「OMOTENASHI NIPPON」事業を新設分割により設立したENGAWA株式会社に承継する。

平成29年1月

ENGAWA株式会社の所有株式の一部株式を譲渡、関連会社とする。

 

3【事業の内容】

 当社グループは、当社及び連結子会社9社(株式会社ワイズインテグレーション、株式会社フライパン、株式会社クムナムエンターテインメント、SSU HAWAII, INC.、bills waikiki LLC、SUNNY SIDE UP KOREA, INC、株式会社エアサイド、株式会社サニーサイドアップキャリア、株式会社スクランブル)で構成され、マーケティング・コミュニケーション事業、スポーツ事業、開発事業、SP・MD事業、bills事業の5事業を展開しております。現在は、マーケティング・コミュニケーション事業がグループの基幹事業として収益基盤を成すと同時に、マーケティング・コミュニケーション事業で生み出されたPRノウハウを全ての事業における戦略的な強みとして、各事業を展開しております。

 当連結会計年度において、従来の目的を果たした株式会社ワイズエス・イー・エーは解散申請しており、ENGAWA株式会社は株式の一部を売却したことによる持分比率の変更により持分法適用会社へ移行しているため、上記の当社グループの記載から除いております

 当社グループの事業内容は以下のとおりであります。

 

(1) マーケティング・コミュニケーション事業

 マーケティング・コミュニケーション事業はPRはもとより、プロモーション、コンテンツ開発、キャスティング等、時代のニーズに適応したサービスを統合的に提供する戦略的フォーマットから成り立っており、得意先企業が抱えるさまざまな課題に応じた総合的なマーケティング・コミュニケーション支援を行っております。

(2) SP・MD事業

 SP・MD事業は、店頭における購買・成約の意思決定を促すためのコミュニケーションノウハウの提供を主眼とした活動を行っており、話題のキャンペーングッズや自社製品も含めた雑貨類の企画制作や国際NGOへの募金活動サポートといった社会貢献活動等の新規事業開発にも積極的に取り組んでおります。

(3) スポーツ事業

 スポーツ事業は、大型公共スポーツ大会等のコンサルティング、PR、スポーツコンテンツ開発、海外スポーツイベントの日本招致、及びその運営、トップアスリートの肖像管理等、東京オリンピック・パラリンピック開催決定によってこれまで以上に活況を呈しているスポーツビジネスを牽引するさまざまなビジネスモデルに取り組んでおります。

(4) bills事業

 bills事業は、当社とマネジメント契約するレストラン・プロデューサーのビル・グレンジャー氏との協業で展開するレストラン「bills」のブランディング・運営、及び「bills」ブランドのライセンシングビジネスを行っております。2017年6月時点では日本国内6店舗(七里ヶ浜、横浜赤レンガ倉庫、お台場、表参道、福岡、銀座 ※二子玉川店はライセンス供与)、海外3店舗(ハワイ、韓国2店舗)を展開しております。

(5) 開発事業

 「bills事業」に代表される当社グループのさらなる成長のために不可欠なビジネスを次々に生み出している開発事業では、現在、インバウンドやDoスポーツ、ヒューマンリソース等、時代のキーワードをテーマにした取り組みを複数行っており、経営軌道化に向けた計画を着々と遂行しております。今後も新たなビジネス開発を適宜継続的に行っていく予定です。

 

(用語の説明)

PR……PRコンサルティングのPR(ピーアール)とは、Public Relations(パブリック・リレーションズ)の略称であり、企業、社会の間の双方向のコミュニケーション活動全般を指します。広告がメディア等の媒体の所定の広告枠(紙面等のスペースやCM放送の時間枠)を金銭で購入し、広告主が広告主の意図的な表現と手法で消費者に訴求するのに対し、PRは企業活動や商品・サービスの価値(利便性や社会的意義、新奇性等)についての情報をメディアへ向けて発信することで、新聞・雑誌の記事やテレビ番組のニュース等として、第三者の視点と評価を通じた形で消費者に届けられます。このため、PRによる情報は、広告と比して、一般的に信頼性が高い情報として消費者及び社会に浸透させることができます。

SP……SP(セールス・プロモーション)とは、Sales Promotion(店頭販促)の略称であり、店頭や街頭におけるキャンペーン等を利用して消費者の購買意欲や流通業者等の販売意欲を引き出す販売促進活動全般を指します。流通業者を介して潜在顧客に試用を促したり、景品を付けたりするなどの手段を講じることで購入を促す消費者向けSPや、売上数量に応じた報奨金や報奨旅行、陳列コンテストや各流通限定での消費者キャンペーンや商品開発等を行う流通チャネル向けSP、営業部隊の販売意欲を高めることやスキルの向上を狙って行う社内向けSP等があります。近年はインターネット等のメディアの細分化と購買チャネルの多様化により、SP事業における業務領域も広がりをみせております。

MD(エムディー)とは、Merchandising(マーチャンダイジング=商品計画・商品化計画」)の略称です。顧客に商品購入を促すために、商品の企画・開発や調達、商品構成の決定、販売方法やサービスの立案、価格設定などを、戦略的に行なう活動のことを指します。

 当社グループの会社別・セグメント別の説明は以下の通りであります。

 ■当社グループ会社構成図

0101010_001.jpg

 

 

 

 ■5セグメントの関係性

グループの基幹事業であるマーケティング・コミュニケーション事業で生み出されるPRノウハウを全ての事業で強みとして多彩な事業を展開しています。

0101010_002.jpg

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金

主要な事業内容

議決権の

所有割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

㈱ワイズインテグレーション

(注)4.

東京都渋谷区

10百万円

SP・MD事業

100.0

役員の兼任

(2名)

㈱フライパン

(注)5.

東京都渋谷区

30百万円

bills事業

51.0

 

役員の兼任

(1名)

資金の貸付

SSU HAWAII,INC

 

アメリカ

30万米ドル

bills事業

100.0

役員の兼任

(1名)

資金の貸付

bills waikiki LLC

(注)2.

アメリカ

1,095万

米ドル

bills事業

84.9

(84.9)

役員の兼任

(1名)

㈱クムナムエンターテインメント

(注)6.

東京都渋谷区

30百万円

マーケティング・コミュニケーション事業

100.0

役員の兼任

(1名)

資金の借入

SUNNY SIDE UP KOREA.INC

 

韓国

100百万

韓国ウォン

bills事業

100.0

役員の兼任

(1名)

資金の貸付

株式会社エアサイド

 

東京都渋谷区

10百万円

開発事業

100.0

役員の兼任

(1名)

資金の貸付

株式会社サニーサイドアップキャリア

 

東京都渋谷区

37百万円

開発事業

100.0

役員の兼任

(1名)

株式会社スクランブル

 

東京都渋谷区

9百万円

マーケティング・コミュニケーション事業

100.0

資金の借入

(持分法適用関連会社)

 

 

 

 

 

ENGAWA株式会社

東京都渋谷区

88百万円

開発事業

39.9

 

役員の兼任

(1名)

(注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

   2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

   3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

4.㈱ワイズインテグレーションについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

①売上高

2,868,802千円

 

②経常利益

65,088千円

 

③当期純利益

34,501千円

 

④純資産額

259,885千円

 

⑤総資産額

1,495,373千円

5.㈱フライパンについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

①売上高

2,826,521千円

 

②経常損失

△11,039千円

 

③当期純損失

△17,832千円

 

④純資産額

98,814千円

 

⑤総資産額

1,020,172千円

6.㈱クムナムエンターティメントについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主要な損益情報等

①売上高

2,187,490千円

 

②経常利益

116,830千円

 

③当期純利益

58,962千円

 

④純資産額

167,605千円

 

⑤総資産額

699,543千円

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成29年6月30日現在

 

セグメントの名称

従業員数(人)

マーケティング・コミュニケーション事業

74( 4)

SP・MD事業

30( 42)

スポーツ事業

21( 2)

bills事業

75(116)

開発事業

4( 4)

全社(共通)

69( 9)

合計

273(177)

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(アルバイト社員、人材会社からの派遣社員を含みます。)は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。

2.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない部門、及び管理部門に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

平成29年6月30日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

155(14)

34.3

4.7

5,312

 

セグメントの名称

従業員数(人)

コミュニケーション事業

62(3)

スポーツ事業

21(2)

bills事業

3(−)

全社(共通)

69(9)

合計

155(14)

 (注)1.従業員数は就業人員(社外から当社への出向者を含んでおります。)であり、臨時雇用者数(アルバイト社員、人材会社からの派遣社員を含みます。)は、年間の平均人員を( )内に外数で記載しております。

2.平均年間給与は、基準外賃金を含んでおります。

3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない部門、及び管理部門に所属しているものであります。

 

(3)労働組合の状況

 当社グループには、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。





出典: 株式会社サニーサイドアップ、2017-06-30 期 有価証券報告書