有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【事業の種類別セグメント情報】

 前連結会計年度(自 平成21年6月1日 至 平成22年5月31日)

 ドラッグストア事業の売上高、営業利益及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計、営業利益及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成21年6月1日 至 平成22年5月31日)

本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店がないため、該当事項はありません。

 

【海外売上高】

 前連結会計年度(自 平成21年6月1日 至 平成22年5月31日)

  海外売上高がないため該当事項はありません。

 

【セグメント情報】

当連結会計年度(自  平成22年6月1日  至  平成23年5月31日)

 当社グループは、ドラッグストア事業の割合が高く、開示情報としての重要性が乏しいと考えられることから、セグメント情報の記載を省略しております。

 

(追加情報)

当連結会計年度より「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号  平成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号  平成20年3月21日)を適用しております。

 

【関連情報】

当連結会計年度(自  平成22年6月1日  至  平成23年5月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

2.地域ごとの情報

(1)売上高

 本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

(2)有形固定資産

 本邦に所在している有形固定資産の金額が、連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

3.主要な顧客ごとの情報

 外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%を占める相手先がいないため記載しておりません。

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

当連結会計年度(自  平成22年6月1日  至  平成23年5月31日)

 当社グループは、ドラッグストア事業の割合が高く、開示情報としての重要性が乏しいと考えられることから、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

当連結会計年度(自  平成22年6月1日  至  平成23年5月31日)

 当社グループは、ドラッグストア事業の割合が高く、開示情報としての重要性が乏しいと考えられることから、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

当連結会計年度(自  平成22年6月1日  至  平成23年5月31日)

 該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成21年6月1日 至 平成22年5月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成22年6月1日 至 平成23年5月31日)

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成21年6月1日
至 平成22年5月31日)
当連結会計年度
(自 平成22年6月1日
至 平成23年5月31日)
1株当たり純資産額
1,301円23銭
1株当たり当期純利益
165円49銭

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 
1株当たり純資産額
1,460円14銭
1株当たり当期純利益
203円85銭

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 

(注) 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 
前連結会計年度
(自 平成21年6月1日
至 平成22年5月31日)
当連結会計年度
(自 平成22年6月1日
至 平成23年5月31日)
当期純利益(百万円)
3,686
4,540
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
3,686
4,540
期中平均株式数(株)
22,273,114
22,273,114

 

 

(重要な後発事象)

 前連結会計年度(自 平成21年6月1日 至 平成22年5月31日)

 (子会社の設立について)

平成22年5月24日開催の当社取締役会決議に基づき、平成22年6月8日付でデイサービス事業を営む100%子会社株式会社サロンデイを設立いたしました。

本店所在地   神奈川県横浜市青葉区荏田西1-9-15
代表者     代表取締役社長 三枝 孝彰
資本金の額   35百万円
事業年度の末日 5月31日 

 

 (連結子会社間の吸収分割について)

平成22年6月21日開催の当社取締役会において、当社連結子会社でありますウェルライフ株式会社のデイサービス事業を吸収分割の手法により分割し、同じく連結子会社である株式会社サロンデイに承継させる方針を決議しました。なお、ウェルライフ株式会社は平成22年6月16日開催の取締役会にて、株式会社サロンデイは平成22年6月21日開催の取締役会にてそれぞれ分割契約締結を承認する旨の決議をいたしました。

1.会社分割の目的
 高齢社会到来による社会的ニーズの高まりを受け、当社子会社ウェルライフ株式会社の行なう「機能訓練型デイサービス事業」を、デイサービス事業の専業会社として設立した株式会社サロンデイに承継した上、その施設の拡大を図り、地域社会の期待に応える。
 また、当社中核子会社の株式会社クリエイトエス・ディーのドラッグストアにデイサービス施設を併設し、地域のための「総合ヘルスケアセンター」づくりを推進する。

 

2.会社分割の要旨
(1)分割の日程(簡易分割)
 分割契約承認の取締役会決議(ウェルライフ㈱) 平成22年6月16日
 吸収分割方針の取締役会決議(当社) 平成22年6月21日
 分割契約承認の取締役会決議(㈱サロンデイ) 平成22年6月21日
 吸収分割契約締結(当事会社間) 平成22年6月21日
 吸収分割日(効力発生日) 平成22年8月1日
(2)吸収分割の方法
 ウェルライフ株式会社を分割会社、株式会社サロンデイを承継会社とする吸収分割です。ウェルライフ株式会社は会社法第784条第3項に定める要件を、株式会社サロンデイは会社法第796条第3項に定める要件をそれぞれ充足しているため、株主総会による分割契約の承認を得ることなく本吸収分割を行ないました。
(3)吸収分割に係る株式等の割当
 ウェルライフ株式会社及び株式会社サロンデイは、共に当社の完全支配関係下にあるため、本件吸収分割に際して株式会社サロンデイはウェルライフ株式会社に対する承継対象権利義務に代わる株式その他金銭等の割当及び交付は行ないません。

(4)分割により減少する資本金の額、承継により増加する資本金の額
 本件分割に伴う分割会社及び承継会社の資本金の額の変動はありません。
(5)分割会社の新株予約権及び新株予約権付社債の取扱い
 分割会社における該当事項はありません。
(6)承継会社が承継する権利及び義務
 ウェルライフ株式会社の「デイサービス事業」に係る本会社分割の効力発生日における一切の権利義務を承継いたします。
(7)債務履行の見込み
 本件分割後において、分割会社及び承継会社のそれぞれが負担すべき債務については、その履行の確実性に問題はないものと判断しております。

 

3.分割当事者の概要

(1)商号
ウェルライフ株式会社
(分割会社)
株式会社サロンデイ
(承継会社)
(2)事業内容
有料老人ホームの経営
デイサービス施設の経営
デイサービス施設の経営
(3)設立年月日
昭和62年2月2日
平成22年6月8日
(4)本店所在地
東京都足立区佐野2−16−1
神奈川県横浜市青葉区荏田西1-9-15
(5)代表者
代表取締役社長
       北村 晴彦
代表取締役社長
       三枝 孝彰
(6)資本金の額
338百万円
35百万円
(7)発行済株式数
320株
1,400株
(8)純資産
1,119百万円
70百万円
(9)総資産
2,151百万円
70百万円
(10)負債
1,032百万円
(11)決算日
3月31日
5月31日
(12)従業員数
11名
0名
(13)主要取引先
一般個人
一般個人
(14)大株主及び持株比率
株式会社クリエイトSD
ホールディングス  100%
株式会社クリエイトSD
ホールディングス  100%

 

(15)当事会社の関係
資本関係 
当事会社間での該当事項はありません。
 
人的関係 
分割会社の代表取締役1名及び取締役1名が承継会社の取締役を、分割会社の取締役1名が承継会社の代表取締役を兼務しています。
 
取引関係 
当事会社間での該当事項はありません。
 
関連当事者への該当状況 
両社は当社の完全支配下にあり、兄弟会社等に該当いたします。

 

 

(16)最近3決算期間の業績

分割会社

 
平成20年3月期
平成21年3月期
平成22年3月期
売上高
749百万円
740百万円
734百万円
経常利益
219百万円
222百万円
187百万円

承継会社は平成22年6月8日設立のため、開示すべき決算がありません。

 

4.分割する事業部門の内容
(1)デイサービス事業の内容
    分割会社は、機能訓練型のデイサービス施設2ヶ所を東京都八王子市で運営しています。

(2)デイサービス事業の経営成績

 
平成22年3月期
売上高
31百万円

(3)承継させる資産、負債の項目及び金額(平成22年3月31日現在)

資産
負債
項目
帳簿価格
項目
帳簿価格
流動資産
6百万円
流動負債
1百万円
固定資産
9百万円
固定負債
合 計
15百万円
合 計
1百万円

  上記は平成22年3月31日現在の貸借対照表に基づいて算出したものであり、実際に分割する資産・負債の金額とは異なります。

 

5.分割後の当事会社の状況(平成22年8月1日)

(1)商号
ウェルライフ株式会社
(分割会社)
株式会社サロンデイ
(承継会社)
(2)事業内容
有料老人ホームの経営
デイサービス施設の経営
(3)本店所在地
東京都足立区佐野2−16−1
神奈川県横浜市青葉区荏田西1-9-15
(4)代表者
代表取締役社長
       北村 晴彦
代表取締役社長
       三枝 孝彰
(5)資本金の額
338百万円
35百万円
(6)決算日
3月31日
5月31日
(7)従業員数
11名
8名

 

 

6.会計処理の概要
 本件分割は、企業結合会計上の分類において共通支配化の取引等に該当するため、損益への影響はありません。なお、本件分割によるのれんの発生はありません。

 

 当連結会計年度(自 平成22年6月1日 至 平成23年5月31日)

該当事項はありません。

 





出典: 株式会社クリエイトSDホールディングス、2011-05-31 期 有価証券報告書