有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第1期

第2期

第3期

第4期

第5期

決算年月

平成18年3月

平成19年3月

平成20年3月

平成21年3月

平成22年3月

売上高

(千円)

613,479

1,273,038

2,036,005

2,404,340

経常利益

(千円)

195,920

494,162

515,992

473,968

当期純利益

(千円)

114,534

296,584

300,478

273,611

純資産額

(千円)

280,221

916,254

1,053,786

総資産額

(千円)

439,760

1,255,853

1,406,935

1株当たり純資産額

(円)

249,433.87

74.22

85.36

1株当たり当期純利益

(円)

112,952.72

273,097.84

24.35

22.16

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

61.5

73.0

74.9

自己資本利益率

(%)

54.9

38.6

27.8

株価収益率

(倍)

    25.22

    29.56

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

128,311

273,153

161,380

351,537

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

△28,468

△56,169

△60,908

△124,094

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

10,344

66,710

△65,391

△149,063

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

236,280

519,974

552,777

630,801

従業員数

(人)

46

132

158

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.当社は第2期より連結財務諸表を作成しているため、第1期については記載しておりません。

3.第2期及び第3期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。また、第4期及び第5期については、新株予約権の残高がないため記載しておりません。

4.第2期及び第3期の株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。

5.第2期については、旧証券取引法第193条の2の規定に基づき、第3期以降については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき監査法人トーマツの監査を受けております。

  なお、監査法人トーマツは、監査法人の種類の変更により、平成21年7月1日をもって有限責任監査法人トーマツとなっております。 

6.当社は第3期中(平成19年5月25日)に連結子会社であったアウローラ株式会社の全保有株式を売却しております。この結果、第3期連結会計年度末においては連結子会社がなくなりましたので、連結貸借対照表を作成しておりません。このため第3期の連結貸借対照表に関する指標及び従業員数は記載しておりません。

7.当社は、第4期中(平成20年7月15日)に連結子会社LINICAL USA,INC.を設立したため、第4期より連結財務諸表を作成しております。 

8.当社は、平成20年5月10日付で1株につき1万株の株式分割を行っております。なお、第4期の1株当たり当期純利益は、当該株式分割が期首に行われたとものとして計算しております。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第1期

第2期

第3期

第4期

第5期

決算年月

平成18年3月

平成19年3月

平成20年3月

平成21年3月

平成22年3月

売上高

(千円)

118,659

584,968

1,270,832

2,034,000

2,404,340

経常利益

(千円)

19,134

197,451

495,968

524,750

487,556

当期純利益

(千円)

11,921

116,177

294,651

309,316

287,274

資本金

(千円)

85,000

94,200

191,043

214,043

214,043

発行済株式総数

(株)

900

1,084

1,232

12,370,000

12,370,000

純資産額

(千円)

146,921

275,393

641,029

927,370

1,078,849

総資産額

(千円)

173,359

428,464

932,545

1,266,403

1,431,924

1株当たり純資産額

(円)

163,245.59

251,216.94

520,316.15

75.12

87.39

1株当たり配当額

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

(−)

21,000.00

(−)

48,000.00

(−)

11.00

    (−)

11.00

    ()

1株当たり当期純利益

(円)

14,995.00

114,573.52

271,318.06

25.07

23.27

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

84.7

63.6

68.7

73.2

75.3

自己資本利益率

(%)

13.4

55.4

64.5

39.4

28.6

株価収益率

(倍)

24.49

28.15

配当性向

(%)

18.3

17.7

43.9

47.3

従業員数

(人)

21

43

74

132

158

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第1期から第3期までの潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。また、第4期及び第5期については、新株予約権の残高がないため記載しておりません。

3.第1期から第3期までの株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。

4.当社は、平成17年6月7日設立のため、第1期は平成17年6月7日から平成18年3月31日までの9か月と24日間であります。

5.第2期については、旧証券取引法第193条の2の規定に基づき、第3期以降については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき監査法人トーマツの監査を受けておりますが、第1期については、当該監査を受けておりません。

  なお、監査法人トーマツは、監査法人の種類の変更により、平成21年7月1日をもって有限責任監査法人トーマツとなっております。 

6.第2期より「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。

7.第4期の1株当たり配当額には、上場記念配当6円を含んでおります。

8.当社は、平成20年5月10日付で1株につき1万株の株式分割を行っております。なお、第4期の1株当たり当期純利益は、当該株式分割が期首に行われたものとして計算しております。

2【沿革】

年月

事項

平成17年6月

医薬品の開発における臨床試験(治験)(注1)の受託を行う医薬品開発業務受託(CRO)(注2)事業を目的として、資本金3,100万円で大阪市淀川区に株式会社リニカルを設立

平成18年1月

SMO(注3)事業に進出するため、SMO事業を営むアウローラ株式会社を子会社化

平成18年6月

東京都中央区茅場町に東京オフィスを開設

平成19年5月

CRO事業に注力するため、連結子会社アウローラ株式会社の全保有株式を他のSMO事業者に売却

平成20年7月

国内の製薬会社の米国進出を支援することを目的として、米国カリフォルニア州に全額出資子会社であるLINICAL USA,INC.を設立

平成20年10月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

(注1)臨床試験とは、ヒトに対する薬の有効性と安全性を確認するために、医療機関で実施する試験のことをいい、治験とは、臨床試験のうち、薬事法の規定により、医薬品の製造(輸入)承認を申請することを目的として行う臨床試験のことをいいます。

(注2)CRO(Contract Research Organization)とは、開発業務受託機関と訳されます。製薬会社が行う医薬品開発について、医薬品開発段階での治験、医薬品の製造販売後臨床試験などに関わる業務の一部を代行、支援する企業のことをいいます。

(注3)SMO(Site Management Organization)とは、治験施設支援機関と訳されます。製薬会社が行う医薬品開発の治験について、医療機関の立場で、治験に関わる医師、看護師、事務局の業務を支援する企業のことをいいます。

3【事業の内容】

(1)当社グループの事業の内容について

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社リニカル)及び連結子会社1社(LINICAL USA,INC.)で構成され、製薬会社の医薬品開発における治験の一部を受託するCRO事業を主たる業務としております。

 近年、製薬会社は、先発医薬品(新薬)の特許切れや薬価下落の問題を背景として、多額の研究開発費を投じて、新薬開発に挑んでおります。このような中、製薬会社のCROに対するアウトソーシングのニーズが高まっているものと当社グループは考えております。

 既存のCROは、製薬会社が有する様々なニーズに応えるため、業務内容を多角化すると共に業務形態も多角化させ、治験業務全般の受託や治験モニター(CRA)の派遣等、あるいはそれらの混合型などのビジネスモデルを展開しております。

 しかしながら、当社グループは同業他社との差別化を図り、製薬会社から高い評価を獲得するためには、業務内容や業務形態を多角化するよりも、選択と集中を推し進めることが重要であると考えております。実際にCRO先進国といわれる欧米では特定領域の治験に特化することにより製薬会社から高い評価を得ているCROが存在しております。

 このような考えの下、当社グループは、医薬品開発の中でも難易度・重要度の高いフェーズⅡ及びフェーズⅢにおけるモニタリング業務並びにそれに付随する品質管理業務及びコンサルティング業務に特化し、100%受託型の業務形態を取っております。

 このほか、当社グループは、新規事業として、製薬会社に対する医療機関向け医薬品販売支援事業(CSO事業)を行っております。 

 当社グループの事業系統図は次のとおりであります。

[事業系統図]

 

(2)製薬会社における医薬品の研究開発の概要

 製薬会社の医薬品開発には、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に他の製薬会社が同じ成分で発売する安価な後発医薬品(ジェネリック医薬品)の発売が可能になることや医薬品の価格改定による薬価下落の問題があり、さらに、新薬として製品化するまでの成功確率が低いという特徴があるため、製薬会社は多額の研究開発費を投じて、次々に新薬の開発に挑んでおります。

 なお、製薬会社における医薬品の研究開発の概要は以下のとおりであります。

 医薬品の研究開発は上記に示したとおり、研究(①〜②)と開発(③〜④)との2つの段階に大別されます。研究段階では主に新規の化合物を探すことから始まり、基礎研究(①)にて新規物質の創製・医薬品候補物質の選別を行い、非臨床試験(動物実験)(②)にて実験動物を用いてその化合物の生体への作用及び安全性の検討を行います。開発段階では、研究によって証明された化合物がどの疾患に適応するか、どのような用量であれば安全かつ有効に使用できるか、どのように既存治療薬との差別化を行うかを企画し、治験を通じて検証します(③)。そうして研究・開発のすべての段階を経て規制当局によって承認されると新薬の販売が開始されることになります(④)。

 なお、販売が開始された新薬について、治験で判明しなかった副作用を広範囲に追跡調査するため、製薬会社は製造販売後調査(⑤)を行っております。

 以上が製薬会社における医薬品の研究開発の概略ですが、特に治験については、規制当局の定めたガイドラインに沿って治験実施計画書(注1)に様々な基準を設定し、これに従って実施する必要があります。このため、医薬品の研究開発期間の長期化や、研究開発費の増大の主な原因となっています。

(注1)治験実施計画書とは、プロトコルともいい、治験を実施するにあたって、治験を実施する医療機関、治験を依頼する製薬会社その他、その治験にかかわる関係者が遵守しなければならない事項を網羅的に記載した計画書を指し、治験依頼者(製薬会社)により作成されます。

(3)製薬会社及びCROにおける治験の概要

 治験とは、製薬会社が新薬候補物質についてヒトに対する有効性及び安全性を確認し、厚生労働省から医薬品としての認可を受けることを目的として実施する臨床試験であり、医療機関において健常成人や患者を被験者として実施されます。

 なお、製薬会社及びCROにおける治験の概要は以下の通りであります。

 治験は医薬品開発のためには不可欠なものであり、治験依頼者(製薬会社)は、フェーズⅠ〜Ⅲまでのすべてのステージで、医療機関において法令に則り倫理的・科学的に治験が行われているかどうかを確認(モニタリング)することが法令で義務付けられております。このことから、製薬会社は治験を成功させる(その薬物の用法・用量を決定し、人体での有効性・安全性について既存治療薬との差別化を実証する)ため、膨大な費用、時間、労力を費やすこととなります。

 なお、フェーズⅡに関しては、通常治験の目的と対象となる患者数の規模により、前期(Ⅱa)及び後期(Ⅱb)に段階を区分して実施されており、このフェーズⅡのうち患者にとって最適な用法・用量を決定する後期フェーズⅡ試験(Ⅱb)及び既存薬との有効性を比較するフェーズⅢ試験が、目標患者数、実施医療機関数も多く、期間・費用・労力のかかる難易度の高い治験となっています。

 また、治験の業務内容は、主要業務であるモニタリング業務及びそれに付随する品質管理業務、コンサルティング業務のほか、治験薬が投与された症例の有効性・安全性データが記載された症例報告書(注2)を入力しデータベース化するデータマネジメント業務、治験実施計画書・届出書類・治験によって得られたデータをまとめた申請書類など監督官庁に提出する各種文書の作成を行うメディカルライティング業務、及び治験の実施状況を調査して治験データの信頼性の保証を目的とする監査業務等から構成され、多岐に亘っております。

(注2)症例報告書とは、治験実施計画書に規定されているすべての情報を記録するために、被験者ごとに作成される報告書(電子記録のものも含む)をいいます。

(4)当社グループにおけるモニタリング業務、品質管理業務及びコンサルティング業務の概要

 モニタリング業務とは、治験の主要業務であり、製薬会社またはCROのモニタリング担当者であるCRA(注3)が、医療機関の治験実施可能性の調査、医療機関への治験の依頼、法令に基づく治験実施に関する契約(製薬会社、医療機関及びCROとの3者契約)の締結手続き、治験責任医師等に対する治験薬概要書(注4)及び治験実施計画書の説明、医療機関への治験薬の搬入、治験実施時の薬事法・GCP(注5)等の法令及び治験実施計画書の遵守状況の確認、治験の進捗管理、治験データの確認及び症例報告書の回収、治験薬の回収などを行う業務をいいます。

 品質管理業務とは、CRAが作成したモニタリング報告書や入手した手続書類、症例報告書の記載形式や記載内容について、品質管理担当者が関連法規、治験実施計画書及び治験標準業務手順書(注6)等に則った適切性のチェックを行う業務をいいます。

 コンサルティング業務とは、製薬会社に対して医薬品開発に係る各種コンサルティングを行う業務をいい、具体的には、治験実施計画書の内容及び治験実施方法等に関する提案や新薬候補物質に関する治験の実施可能性及び治験実施計画等についての調査・報告を行う業務をいいます。

 当社グループにおけるモニタリング業務、品質管理業務及びコンサルティング業務の概要については以下の通りであります。

(注3)CRA(Clinical Research Associate)とは、治験モニターと訳されます。医薬品開発段階での治験が、薬事法その他の関連法令及び治験実施計画書を遵守して行われているかどうかを監視(モニタリング)する担当者のことをいいます。

(注4)治験薬概要書とは、治験実施期間中の被験者の管理に必要な知識を提供するために作成される書類で、その内容は治験薬に関する非臨床試験及び治験の結果を編集したものとなっております。

(注5)GCP(Good Clinical Practice)とは直訳では「適正な治験の実施」を指す包括概念ですが、本邦においては、これを定めた厚生労働省令である「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」及び「医療機器の臨床試験の実施の基準に関する省令」(平成9年3月27日付)並びにこれらの運用通知をいいます。

(注6)治験標準業務手順書とは、治験が、倫理的な配慮のもとに科学的に適正に実施され、かつ臨床試験結果の信頼性が確保されるように、医薬品開発の基本的な業務手順を体系的にまとめた手順書のことをいい、GCPに基づいて作成されます。

(5)当社グループのCRO事業の特徴

 平成9年3月の法改正(新GCP)においてCROの定義が明文化されて以来、その社会的認知度も徐々に向上し、人材の確保・育成がなされ、CRO業界は医薬品の基礎研究から非臨床試験、治験、製造販売後臨床試験など医薬品開発のすべての段階において製薬会社から受託を得られるまでに成長してきたものと当社グループでは考えております。

 しかしながら、特に大手製薬会社は単なるアウトソーシング先としてのCROではなく、迅速に治験を進めることにより新薬を早期に開発するために、自社開発部門とほぼ同等の能力を有し、同等の立場で医薬品開発を実行・支援できるCROを求めていると、当社グループでは想定しております。

 そのような中、当社グループは人材面において、国内大手製薬会社で医薬品開発経験を有するメンバーが中心となって創業し、医薬品開発の経験者の中途採用を積極的に実施したことを背景として、現在では国内大手製薬会社との継続的な取引関係を構築しております。

 また、当社グループは前述のとおり、製薬会社の医薬品開発のパートナーとしてのCROを実現するためには、業務内容や業務形態の選択と集中を推し進めることが重要であるという考えに基づき事業展開を行っているため、当社グループのCRO事業は以下のような特徴を有しております。

① 特定業務への特化及び治験段階の特化

 治験の業務は、前述のとおり多岐に亘り、一方の治験段階も製造販売後調査も含めるとフェーズⅠ〜Ⅳに及びます。これらすべてを網羅的に受託することは当社グループの持つ医薬品開発の知識・技術・経験等の経営資源を分散させることになり、顧客である製薬会社のニーズに対して十分に応えることができなくなると考えております。

 従いまして、当社グループでは、医薬品開発ノウハウの分散を防ぎ、当社グループの持つ知識・技術・経験を有効活用し、顧客のニーズに応えるため、治験の主要業務であるモニタリング業務及び品質管理業務並びにこれらにかかるコンサルティング業務に特化した100%受託型の業務形態を取ると同時に、治験の主たる段階であるフェーズⅡ、フェーズⅢに特化して事業を展開しております。

② 特定の顧客への特化

 大手製薬会社は常に医薬品の開発・承認申請業務に着手しており、最新の医薬品開発情報を豊富に所有しているという特徴を有しております。当社グループは国内市場においてこれらの情報をタイムリーに入手し、更なる知識・技術・経験を積み上げていくため、原則として大手製薬会社に特化して取引を行っております。

 また、製薬会社は、それぞれにその医薬品開発手法及び治験標準業務手順書が独自のものであるという特徴を有しているため、当社グループが多数の製薬会社と取引を行った場合に、それぞれの開発手法及び治験標準業務手順書に対応する必要が生じます。取引先を限られた大手製薬会社各社に特化することは、手法・手順が多数存在することにより発生するエラーやミスを回避し、治験の品質を高め、競争力を向上させる効果が期待できるものと考えております。

4【関係会社の状況】

名称 

住所 

資本金 

主要な事業の内容 

 議決権の所有割合

又は被所有割合 

(%) 

関係内容 

 (連結子会社)

 LINICAL USA,

 INC. (注)2 

 米国カリフォルニ

 ア州 

   300千USドル

CRO事業 

100.0

役員の兼任3名 

 (注)1.主要な事業の内容欄には、事業の種類別セグメントの名称を記載しております。

    2.特定子会社に該当しております。 

 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

平成22年3月31日現在

区分

従業員数(人)

CRO事業 

141

CSO事業 

4

全社(共通) 

13

合計

158

 (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含むほか、常用パートを含んでおります。)であります。

2.全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定の事業部門に区分できない管理部門に所属しているものであります。

3.従業員数が当期中において、26名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う定期及び期中採用によるものであります。

(2)提出会社の状況

 

平成22年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

158

30.1

2.1

6,637,330

 (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含むほか、常用パートを含んでおります。)であります。

2.平均年間給与は賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.従業員数が当期中において、26名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う定期及び期中採用によるものであります。

(3)労働組合の状況

 労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。





出典: 株式会社リニカル、2010-03-31 期 有価証券報告書