有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1. 報告セグメントの概要

(1) 報告セグメントの決定方法

当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行なう対象となっているものです。

当社は、持株会社として、アパレル事業を核とする各事業会社の経営管理及びグループ全体の戦略機能を担い、また、各事業会社は取り扱うアパレルブランド等について包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

したがって、当社グループは、各事業会社の関連する事業を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「アパレル関連事業」「その他の事業」の2つを報告セグメントとしております。

(2) 各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

「アパレル関連事業」は、主に衣料品の企画、製造、販売、ライセンスブランド事業及び生産・物流事業を行なっております。また、持株会社である当社等を含めて記載している「その他の事業」は、不動産関連事業、合成樹脂関連事業及び店舗設計管理事業等を行なっております。

 

2. 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一です。 

報告セグメントの利益又は損失は、営業利益又は営業損失ベースの数値です。 

セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

 

3. 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額
(注)1
(注)2

連結財務
諸表計上
額(注)3

アパレル
関連事業

その他の事業

売上高

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

163,989

3,222

167,211

167,211

セグメント間の
内部売上高又は振替高

142

7,183

7,325

7,325

164,131

10,405

174,537

7,325

167,211

セグメント利益

1,359

2,583

3,943

2,882

1,061

セグメント資産

78,926

133,626

212,552

46,158

166,394

その他の項目

 

 

 

 

 

減価償却費

4,044

1,357

5,402

13

5,388

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

6,065

1,809

7,875

49

7,825

 

(注)1 セグメント利益の調整額△2,882百万円は、連結会社間の内部取引消去額です。

 2 セグメント資産の調整額△46,158百万円には、当社が所有する関係会社株式の連結消去額29,966百万円が含まれております。

   3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行なっております。

 

当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額
(注)1
(注)2

連結財務
諸表計上
額(注)3

アパレル
関連事業

その他の事業

売上高

 

 

 

 

 

  外部顧客への売上高

155,248

3,895

159,143

159,143

セグメント間の
内部売上高又は振替高

268

6,497

6,765

6,765

155,517

10,392

165,909

6,765

159,143

セグメント利益

5,739

1,660

7,399

4,858

2,541

セグメント資産

71,179

132,828

204,007

47,808

156,199

その他の項目

 

 

 

 

 

減価償却費

3,874

1,251

5,125

15

5,110

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

3,356

916

4,273

15

4,257

 

(注)1 セグメント利益の調整額△4,858百万円は、連結会社間の内部取引消去額です。

 2 セグメント資産の調整額△47,808百万円には、当社が所有する関係会社株式の連結消去額32,325百万円が含まれております。

   3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行なっております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

1. 製品及びサービスごとの情報 

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2. 地域ごとの情報 

(1)売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2)有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3. 主要な顧客ごとの情報 

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

1. 製品及びサービスごとの情報 

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2. 地域ごとの情報 

(1)売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2)有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3. 主要な顧客ごとの情報 

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

消去

合計

アパレル
関連事業

その他の事業

  減損損失

1,231

727

1,959

1,959

 

 

 

当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

消去

合計

アパレル
関連事業

その他の事業

  減損損失

2,781

129

2,910

2,910

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

消去

合計

アパレル
関連事業

その他の事業

  当期償却額

1,373

1,373

1,373

  未償却残高

2,323

2,323

2,323

 

(注)当期償却額1,373百万円は、販売費及び一般管理費の「一般管理費」に計上しております。

 

当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

消去

合計

アパレル
関連事業

その他の事業

  当期償却額

2,086

134

2,220

2,220

  未償却残高

797

1,683

2,480

2,480

 

(注)当期償却額2,220百万円は、販売費及び一般管理費の「一般管理費」に1,141百万円、特別損失の「減損損失」に1,078百万円計上しております。

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成27年3月1日 至 平成28年2月29日)

 1.関連当事者との取引

重要性のある取引がないため、記載を省略しております。

 

 2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

   該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年3月1日 至 平成29年2月28日)

 1.関連当事者との取引

重要性のある取引がないため、記載を省略しております。

 

 2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

   該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年3月1日

至 平成28年2月29日)

当連結会計年度

(自 平成28年3月1日

至 平成29年2月28日)

1株当たり純資産額

1,042円75銭

1,069円65銭

1株当たり当期純利益

12円50銭

33円93銭

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

12円49銭

 

(注) 1  当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2  1株当たり純資産額の算定において、従業員持株会信託型ESOPが所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期末発行済株式数から当該株式数を控除しております。なお、前連結会計年度において信託が所有する期末自己株式数は543千株であり、当連結会計年度において信託が所有する期末自己株式数は474千株であります。

3  1株当たり当期純利益及び前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定において、従業員持株会信託型ESOPが所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期中平均株式数から当該株式数を控除しております。なお、前連結会計年度において信託が所有する期中平均株式数は573千株であり、当連結会計年度において信託が所有する期中平均株式数は509千株であります。

4 当連結会計年度の1株当たり純資産額の算定において、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期末発行済株式数から当該株式数を控除しております。なお、当連結会計年度において信託が所有する期末自己株式数は532千株であります。

5 当連結会計年度の1株当たり当期純利益の算定において、株式給付信託(BBT)が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期中平均株式数から当該株式数を控除しております。なお、当連結会計年度において信託が所有する期中平均株式数は313千株であります。

6  「会計方針の変更」に記載のとおり、企業結合会計基準等を適用しております。

この結果、当連結会計年度の1株当たり純資産額が13円0銭減少しております。また、1株当たり当期純利益が2円24銭増加しております。

7  1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

項目

前連結会計年度

(自 平成27年3月1日

至 平成28年2月29日)

当連結会計年度

(自 平成28年3月1日

至 平成29年2月28日)

1株当たり当期純利益

 

 

連結損益計算書上の親会社株主に帰属する
  当期純利益(百万円)

1,391

3,679

普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する
  当期純利益(百万円)

1,391

3,679

普通株式の期中平均株式数(千株)

111,346

108,452

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

 

 

親会社株主に帰属する
  当期純利益調整額(百万円)

普通株式増加数(千株)

30 

(うち新株予約権(千株))

(30)

(—)

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要

 

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 





出典: 株式会社TSIホールディングス、2017-02-28 期 有価証券報告書