有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

提出会社の状況

回次

第9期

第10期

第11期

第12期

第13期

決算年月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

売上高

(千円)

1,013,995

1,044,611

714,880

355,404

464,114

経常利益又は経常損失(△)

(千円)

314,495

302,792

36,135

365,673

265,558

当期純利益又は当期純損失(△)

(千円)

491,980

188,353

115,341

366,703

311,688

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

350,000

822,595

822,595

822,595

939,885

発行済株式総数

(株)

1,972,200

2,410,100

2,410,100

2,410,100

2,693,900

純資産額

(千円)

1,533,321

2,666,689

2,369,683

2,004,127

2,054,433

総資産額

(千円)

1,659,235

2,769,174

2,450,770

2,079,213

2,126,646

1株当たり純資産額

(円)

777.47

1,106.50

1,072.24

906.83

762.65

1株当たり配当額

(円)

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

()

()

1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額(△)

(円)

250.26

81.91

51.25

165.93

120.62

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

80.07

自己資本比率

(%)

92.4

96.3

96.7

96.4

96.6

自己資本利益率

(%)

38.2

9.0

株価収益率

(倍)

14.28

配当性向

(%)

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

151,830

481,077

58,032

351,216

161,099

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

89,238

1,276,674

26,632

665,472

264,856

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

935,564

183,405

328,936

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

326,161

466,128

367,388

682,601

1,130,516

従業員数

(人)

22

27

28

30

33

(外、平均臨時雇用者数)

1

2

2

3

1

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.第9期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社の株式は非上場のため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。

第11期および第12期については、1株当たり当期純損失金額であり、また、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。第13期については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。

4.第11期から第13期の自己資本利益率については、当期純損失であるため、記載しておりません。

5.第9期の株価収益率については、当社株式は非上場のため、記載しておりません。また、第11期から第13期については、当期純損失であるため記載しておりません。

6.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。

7.当社は、平成22年8月26日付で1株につき100株の株式分割を行っております。

 

2【沿革】

年月

事項

平成14年7月

3Dグラフィックス(注1)市場参入を目指し、東京都武蔵野市中町に株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルを設立(資本金30,000千円)

平成18年7月

組み込み機器(注2)向けグラフィックスIPコア(注3)「PICA200」(注4)を販売開始

平成20年4月

LSI製品(注5)「NV7」(注6)を販売開始

平成23年6月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

平成23年10月

Digital Media Professionals USA Inc.(米国)を設立

平成25年2月

平成26年5月

本社を東京都中野区へ移転

株式会社UKCホールディングスと業務資本提携

(注)1.「3Dグラフィックス」とは、3次元空間上の形状情報から、それらを平面上に投射することで生成される画像で、これらの一連の技術のことを指します。

2.「組み込み機器」とは、特定の機能を実現するために家電製品や機械等に組み込まれるコンピュータシステムを指します。

3.「IPコア」とは、LSIを構成するための部分的な回路情報のうち、特に単一機能でまとめられた物を指します。「IPコア」は、Intellectual Property Coreの略称です。

4.「PICA200」とは、国際標準規格に準拠したうえで、当社独自の拡張機能「MAESTRO」を搭載する事が可能なグラフィックスIPコアの商標です。

5.「LSI」とは、シリコンウェハ(半導体製品の製造に使用される導体と絶縁体の中間の性質を持つ物質)で形成される大規模集積回路を意味しております。「LSI」は、Large Scale Integrationの略称であり「半導体」とも呼ばれています。

6.「NV7」とは、グラフィックスIPコア「PICA200」を搭載したLSI製品の名称です。

 

 

3【事業の内容】

当社は、主にゲーム機器、自動車、パチンコ機およびパチスロ機(以下、パチンコ機およびパチスロ機を合わせてアミューズメント機器という。)、モバイル通信機器、家電製品等に組み込まれる半導体向けのIPコアを、当社の顧客である半導体メーカーや半導体が組み込まれた最終製品メーカー(ゲーム機器メーカー、モバイル通信機器メーカー等)に提供することを事業の中核としております。

当社が提供するIPコアには、当社が開発をした精細な画像を描写するために必要なハードウエアIPおよびソフトウエアIP(以下、合わせてグラフィックスIPコアという。)に加え、カナダのコグニビュー社が開発をした自動車自動走行システム向けをはじめとするビジュアル・コンピューティング分野に用いられるIPコア等により構成されております。

当社のグラフィックスIPコアは、グラフィックスIPコアの国際標準規格(注1)に準拠したIPコアに当社独自の機能拡張技術である「MAESTRO」(注2)を組み合わせることによって、少ない消費電力下においても精細な画像を描写できることが特徴です。

(注)1.Khronos Group(100以上の企業で構成される国際標準化団体)が策定するグラフィックスIPコアの国際標準規格を指しております。

2.「MAESTRO」とは、標準のグラフィックスIPコアに実装することによって、より写実的なグラフィックス描画(主な機能として、ライティング機能や影付け機能等)を低消費電力、高品質、かつ高速に実現する当社独自のグラフィックス技術の商標です。

 当社が提供する主なIPコアは、以下のとおりです。

製品名

特徴

PICA200

シリーズ

基本機能としては業界標準のOpenGL ES(注3)に準拠し、さらに差別化機能として「MAESTRO」を搭載することが可能な3DグラフィックスIPコアであります。

SMAPH-F

業界標準のOpenVG(注4)に準拠した2DグラフィックスIPコアであります。

SMAPH-S

最新業界標準のOpenGL ESバージョンである2.0/3.0に準拠するプログラム演算機能を搭載した3DグラフィックスIPコアであります。

SMAPH-H

業界標準OpenGL ESおよびOpenVGに準拠した、2D・3DグラフィックスIPコアであります。

antシリーズ

ウェアラブルアプリケーション、IoTデバイス、FPGAデバイス向けにコアサイズの最小化を行った、2Dグラフィックス、ベクターグラフィックス、3Dグラフィックスを高速化するためのIPコアであります。

Loputo Platform IP

CPU、GPUの統合LSIであるSoC実装に最適化された、LSI内のコアを相互接続するためのバスおよびメモリコントローラコアであります。

APEX Image Cognition Processing

コグニビュー社が開発した、コンピューター・ビジョン処理に特化した画像認識プロセッサIPコアであります。

3.「OpenGL ES」とは、Khronos Groupが策定した組み込み機器向けの3DグラフィックスのためのAPI(※)です。「OpenGL ES」は、OpenGL for Embedded Systemsの略称です。

※「API」とは、OpenGL ES等の機能をプログラムから呼び出すために使用するものです。

 「API」は、Application Program Interfaceの略称です。

4.「OpenVG」とは、Khronos Groupが策定した国際標準規格の2DグラフィックスのためのAPIです。画像を点の座標とそれを結ぶ線や面のデータ等で描画情報の集合として表現する技術を指します。「OpenVG」は、Open Vector Graphicsの略称です。

 

 当社は、単一セグメントであるため、事業別に記載しております。

(1)IPコアライセンス事業

 IPコアライセンス事業は、ハードウエアIP(論理設計データ等)やソフトウエアIP(主にハードウエアを制御するドライバーやコンテンツ制作を支援するツール類)を提供します。半導体メーカーや半導体が組み込まれた最終製品メーカーに向けてライセンス(使用許諾)を供与し、①当社が開発しているグラフィックスIPコアを顧客に提供したうえでライセンス収入等を顧客から得るライセンス供与と、②これらに付帯する技術サポートに区分されます。なお、当社は顧客に対してライセンスを供与しますが、顧客が第三者であるソフトウエア開発メーカーに対し当該ライセンスをサブライセンス(再許諾)する権利を、当社から顧客に与える場合もあります。

①ライセンス供与

 当社が開発したグラフィックスIPコアを顧客にライセンスして得られる収入は、その種類によって(a)ライセンス収入、(b)ランニングロイヤリティ収入、(c)ライセンス供与に伴うカスタマイズ収入として区分しております。

(a)ライセンス収入

顧客が家電製品等の開発を進める過程で、当社がIPコアライセンスのライセンスを与えたことによる対価として得られる収入です。

顧客は、ライセンスされた当社グラフィックスIPコアをベースに、製品の企画開発、生産を行い、その性質上、当社が受領するライセンス収入は顧客の製品開発段階で発生します。

(b)ランニングロイヤリティ収入

顧客がグラフィックスIPコアを組み込んだ製品を販売する際に、製品出荷個数に応じて当社が顧客から収受する対価です。ランニングロイヤリティ収入は顧客製品の生産開始から生産終了まで数年間にわたり継続的に発生します。

(c)ライセンス供与に伴うカスタマイズ収入

 顧客の求めに応じて、当社が開発したグラフィックスIPコアを顧客製品の仕様に合わせてカスタマイズしております。

 ライセンス供与に伴うカスタマイズ収入では、当社が開発に要した工数にほぼ比例した収入が得られますが、通常のカスタマイズとは異なり、カスタマイズにより当社グラフィックスIPコアの付加価値が向上し、より高収益なライセンスビジネスに繋げることが可能です。

②技術サポート

当社が、グラフィックスIPコアをライセンスした顧客に対して、技術サポートを行って対価を得るものです。ライセンス後、一定期間に限って提供する初期技術サポートや、年単位で保守工数を提供する年間技術サポートなどがあります。

(2)その他の事業

 その他の事業は、当社のグラフィックスIPコアが組み込まれた低消費電力グラフィックプロセッサの開発をしております。また、当社の各種IPコアをインテグレーションしてSoCシステム全体を検討・最適化する設計サービス、自社製品の開発により培ったGPU/ビジョン技術をベースにしたアルゴリズム開発や最適化を行なうソフトウエアサービスに至るまでをプロフェッショナルサービスとして提供しております。

 

[事業系統図]

0101010_001.png

※IPコアライセンス事業のライセンス供与は、当社が顧客(半導体が組み込まれた最終製品メーカー等)にソフトウエアIPを供与すると同時に、顧客(半導体メーカー)にハードウエアIPを供与する場合もあります。

 

 

4【関係会社の状況】

 該当事項はありません。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成27年3月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢

平均勤続年数

平均年間給与(千円)

33(1)

38歳0ヵ月

4年3ヵ月

7,454

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(契約社員、アルバイトを含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

        2.従業員数に使用人兼務役員は含んでおりません。

3.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。なお、使用人兼務役員の使用人としての給与部分を除いて計算しております。

4.当社の事業は、グラフィックスIPコア等の開発・製造・販売並びにこれらの付随業務の単一セグメントであるため、セグメントに係る記載は、該当がありません。

(2)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。





出典: 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル、2015-03-31 期 有価証券報告書