有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

 1.報告セグメントの概要

(1)報告セグメントの決定方法

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループは、本社に営業本部を置き、営業本部主導を基礎とした業種別のセグメントから構成されており、包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

 

(2)報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

「貸金事業」は、パチンコホール企業及びそれ以外の事業者へ必要資金を貸付けることをしております。
「不動産賃貸事業」は、パチンコホール企業等へ土地や建物を賃貸しております。

 

(3)報告セグメントの変更等に関する事項

当連結会計年度より、「遊技機レンタル事業」セグメントは量的な重要性が乏しくなったため、「その他」の区分に含めて記載する方法に変更しております。

なお、前連結会計年度のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したものを開示しております。

 

 2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

報告セグメントの利益は、経常損益ベースの数値であります。

 

  3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 (単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

合計

調整額

(注)2

連結財務諸表  計上額
(注)3

貸金事業

不動産
賃貸事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への
売上高

184,508

228,204

412,712

154,473

567,185

567,185

セグメント間の内部売上高又は振替高

184,508

228,204

412,712

154,473

567,185

567,185

セグメント利益

148,937

45,082

194,020

7,518

201,539

141,634

59,905

セグメント資産

3,484,681

3,854,890

7,339,572

7,339,572

1,552,416

5,787,155

セグメント負債

1,406,016

3,316,040

4,722,056

4,722,056

1,719,760

3,002,296

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

2,956

5,692

8,649

144,246

152,895

1,434

154,330

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

6,230

352

6,582

6,582

12,290

18,873

 

 (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、電子部品のブランド使用料及び遊技機レンタル事業であります。

2.調整額は以下のとおりであります。

(1)セグメント利益の調整額△141,634千円は、内部取引消去額75,910千円、各報告セグメントに配分していない全社費用△217,544千円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(2)セグメント資産の調整額△1,552,416千円は内部取引消去額△1,885,000千円、各報告セグメントに配分していない全社資産332,583千円であります。

(3)セグメント負債の調整額△1,719,760千円は、内部取引消去額△1,885,000千円、各報告セグメントに配分していない全社負債165,239千円であります。

3.セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。 

 

当連結会計年度(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)

(単位:千円)

 

報告セグメント

その他

(注)1

合計

調整額

(注)2

連結財務諸表計上額
(注)3

貸金事業

不動産
賃貸事業

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への
売上高

174,009

242,988

416,998

1,129

418,127

418,127

セグメント間の内部売上高又は振替高

174,009

242,988

416,998

1,129

418,127

418,127

セグメント利益

156,446

116,223

272,669

1,129

273,798

188,324

85,473

セグメント資産

2,415,807

4,357,905

6,773,713

6,773,713

20,513

6,753,199

セグメント負債

798,417

3,669,770

4,468,188

4,468,188

821,098

3,647,090

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

7,096

5,933

13,029

13,029

2,789

15,819

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

933,194

933,194

933,194

1,572

934,766

 

 (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、電子部品のブランド使用料であります。

2.調整額は以下のとおりであります。

(1)セグメント利益の調整額△188,324千円は、内部取引消去額39,856千円、各報告セグメントに配分していない全社費用△228,181千円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

(2)セグメント資産の調整額△20,513千円は内部取引消去額△930,000千円、各報告セグメントに配分していない全社資産909,486千円であります。

(3)セグメント負債の調整額△821,098千円は、内部取引消去額△930,000千円、各報告セグメントに配分していない全社負債108,902千円であります。

3.セグメント利益は、連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。 

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2)有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 

 

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

株式会社正栄プロジェクト

289,737

遊技機レンタル事業・貸金事業

株式会社マルハン

132,204

不動産賃貸事業

株式会社CHSカンパニー

117,346

貸金事業・不動産賃貸事業

 

 

当連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2)有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 

 

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

株式会社マルハン

144,242

不動産賃貸事業

株式会社CHSカンパニー

114,399

貸金事業・不動産賃貸事業

株式会社正栄プロジェクト

112,752

貸金事業

 

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

関連当事者との取引

(1)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

(単位:千円)

種類

会社等の
名称又は
氏名

所在地

資本金
又は
出資金

事業の内容又は職業

議決権等の所有
(被所有)
割合

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額

科目

期末残高

役員

田辺順一

当社代表取締役社長

(被所有)直接

12.13%

間接

31.03%

債務保証

借入に伴う債務被保証 
(注1)

49,328

 

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注1)ジャルコの借入に対して、代表取締役田辺順一より債務保証を受けております。なお、保証料の支払は行っておりません。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

関連当事者との取引

(1)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

(単位:千円)

種類

会社等の
名称又は
氏名

所在地

資本金
又は
出資金

事業の内容又は職業

議決権等の所有
(被所有)
割合

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額

科目

期末残高

役員

田辺順一

当社代表取締役社長

(被所有)直接

12.13%

間接

22.76%

債務保証

借入に伴う債務被保証 
(注1)

44,301

資金の貸付

資金の貸付(注2)

350,000

資金の回収(注2)

350,000

受取利息(注2)

4,202

 

取引条件及び取引条件の決定方針等

(注1)ジャルコの借入に対して、代表取締役田辺順一より債務保証を受けております。なお、保証料の支払は行っておりません。

(注2)資金の貸付及び貸付に伴う受取利息は、市場金利及びリスク等を勘案して、協議の上決定しております。

 

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自 平成27年4月1日
  至 平成28年3月31日)

当連結会計年度
(自 平成28年4月1日
  至 平成29年3月31日)

1株当たり純資産額

57円61銭

1株当たり当期純利益金額

2円34銭

 

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

1株当たり純資産額

63円98銭

1株当たり当期純利益金額

3円20銭

潜在株式調整後        1株当たり当期純利益金額

3円20銭

 

 

(注) 1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

  至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

  至 平成29年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

 親会社株主に帰属する当期純利益(千円)

113,138

154,687

 普通株主に帰属しない金額(千円)

 普通株式に係る親会社株主に帰属する     当期純利益(千円)

113,138

154,687

 普通株式の期中平均株式数(千株)

48,336

48,336

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

 

 親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)

 普通株式増加数(千株)

62

 (うち新株予約権(千株))

(62)

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要

 

 

 

(重要な後発事象)

(固定資産の譲渡)

 当社の連結子会社であるジャルコは、平成29年3月15日の取締役会で決議し、同日付で売買契約が締結された不動産につきまして、平成29年5月2日に決済及び譲渡が完了いたしました。

 

1.譲渡の理由

 ジャルコとしての不動産賃貸事業に関しましては、原則、長期保有の方針ですが、同社顧客の不利益にならないことを前提として適宜ポートフォリオの入替えを検討し、株主資本をより効率的に投資運用するために譲渡を決定いたしました。

 

2.譲渡資産の内容

資産の内容及び所在地

譲渡価額

帳簿価額

現況

 

<土地>
所在:東京都大田区西蒲田7丁目4番3他8筆
地目:宅地
地積:651.91㎡

 

21億10百万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15億9百万円

(平成29年3月31日現在)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸用不動産

(遊技場)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<建物>
所在:東京都大田区西蒲田7丁目4−12−3
種類:店舗、事務所
延床:1,712.49㎡

 

 

 

3.譲渡の相手先の概要

 譲渡先は国内の事業会社ですが、譲渡先との取り決めにより非開示としております。

 なお、譲渡先と当社、ジャルコ、その他当社の関係会社との間には資本関係、人的関係、取引関係、関連当事者として特記すべき事項はありません。

 

4.業績への影響

 本件譲渡により、譲渡価額から帳簿価額及び譲渡にかかる諸費用を控除し、固定資産売却益5億38百万円を、平成30年3月期第1四半期連結決算におきまして特別利益として計上する見込みであります。
 





出典: JALCOホールディングス株式会社、2017-03-31 期 有価証券報告書