有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

当社グループは、金融商品取引業を単一の報告セグメントとしており、その他の事業は金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2 地域ごとの情報

(1) 営業収益

本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3 主要な顧客ごとの情報

連結損益計算書の営業収益の大部分を占めるトレーディング損益(外国為替取引損益)は、顧客等との外国為替証拠金取引によって生じる損益とカバー取引によって生じる損益との合計であるため、特定の顧客に帰属する営業収益を算定することはできず、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

1 製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2 地域ごとの情報

(1) 営業収益

本邦の外部顧客への営業収益が連結損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3 主要な顧客ごとの情報

連結損益計算書の営業収益の大部分を占めるトレーディング損益(外国為替取引損益)は、顧客等との外国為替証拠金取引によって生じる損益とカバー取引によって生じる損益との合計であるため、特定の顧客に帰属する営業収益を算定することはできず、記載を省略しております。

 

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

当社グループは、金融商品取引業を単一の報告セグメントとしており、その他の事業は金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

当社グループは、金融商品取引業を単一の報告セグメントとしており、その他の事業は金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれんの発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  平成25年4月1日  至  平成26年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

1  関連当事者との取引

前連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等

種類

会社等

の名称

又は氏名

所在地

資本金又

は出資金

(百万円)

事業の内容

又は職業

議決権等

の所有

(被所有)割合

(%)

関連当事者

との関係

取引の内容

取引金額

(百万円)

科目

期末残高

(百万円)

親会社

GMOインターネット株式会社

東京都
渋谷区

100

インターネット総合事業

(被所有)
間接
100.0

役員の兼任等

コミットメントフィー等の支払

(注1)

(注2)

59

未払費用

2

 

(注) 1  親会社との間でコミットメントライン契約(貸付極度額100億円)を締結しており、期末現在の借入未実行残高は100億円です。

2  コミットメントラインの提供及びそれに伴う資金の借入について、コミットメントフィー等は第三者価格及び市場金利を勘案して決定しております。なお、担保は差し入れておりません。

 

当連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

記載すべき重要なものはありません。

 

2  親会社又は重要な関連会社に関する注記

(1) 親会社情報

GMOインターネット株式会社(東京証券取引所に上場)

 

(2) 重要な関連会社の要約財務情報

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度

(自  平成25年4月1日

至  平成26年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成26年4月1日

至  平成27年3月31日)

1株当たり純資産額

167.31

171.91

1株当たり当期純利益金額

32.78

43.13

 

(注) 1  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価の把握が困難であるため、記載しておりません。

2  当社は、平成26年12月24日付で普通株式1株につき6.25株の株式分割を行いましたが、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。

3  1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

項目

前連結会計年度

(平成26年3月31日)

当連結会計年度

(平成27年3月31日)

純資産の部の合計額(百万円)

19,751

20,312

純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)

918

961

(うち少数株主持分)(百万円)

(918)

(961)

普通株式に係る期末の純資産額(百万円)

18,832

19,350

1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(株)

112,565,000

112,565,000

 

 

4  1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

項目

前連結会計年度

(自  平成25年4月1日

至  平成26年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成26年4月1日

至  平成27年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

当期純利益(百万円)

3,689

4,855

普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る当期純利益(百万円)

3,689

4,855

普通株式の期中平均株式数(株)

112,565,000

112,565,000

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要

第1回新株予約権
9,798,750株

 詳細は、(ストック・オプション等関係)に記載のとおりであります。

第1回新株予約権
7,415,250株

第2回新株予約権
2,710,000株

 詳細は、(ストック・オプション等関係)に記載のとおりであります。

 

 

 

(重要な後発事象)

株式会社FXプライムbyGMOの完全子会社化

当社は、平成26年10月31日開催の当社取締役会において、平成27年4月1日を効力発生日として、当社を株式交換完全親会社、FXプライムを株式交換完全子会社とする株式交換(以下「本株式交換」といいます。)を行うことを決議し、同日付で株式交換契約を締結しましたが、本契約に基づき、平成27年4月1日に株式交換を実施し、FXプライムを完全子会社といたしました。

FXプライムの株主には、本株式交換の対価として、当社が新たに発行した普通株式が割り当てられました。本株式交換に係る割当ての内容は以下のとおりであります。

会社名

当社

(株式交換完全親会社)

株式会社FXプライムbyGMO

(株式交換完全子会社)

本株式交換に係る割当ての内容

1

1

本株式交換により交付する株式数

普通株式:1,788,346株

 

(注1)FXプライムの普通株式1株に対して、当社の普通株式1株を交付いたしました。

(注2)当社は平成26年12月24日付で普通株式1株につき6.25株の割合で株式分割を行っております。

 





出典: GMOフィナンシャルホールディングス株式会社、2015-03-31 期 有価証券報告書