有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】

    該当事項はありません。

 

 

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類

当期首残高
(千円)

当期増加額
(千円)

当期減少額
(千円)

当期末残高
(千円)

当期末減価
償却累計額
又は償却累
計額(千円)

当期償却額
(千円)

差引当期末
残高
(千円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

  建物

427,853

427,853

38,827

14,119

389,026

  建物附属設備

26,775

※1

18,580

※5

11,938

33,417

9,100

8,687

24,316

  構築物

5,583

5,583

3,234

871

2,348

  機械及び装置

18,995

※2

1,028

0

20,023

11,518

3,565

8,505

  工具、器具及び備品

71,872

※3

4,299

0

76,171

61,579

18,609

14,592

  建設仮勘定

1,050

1,050

1,050

有形固定資産計

552,129

23,908

11,938

564,099

124,260

45,852

439,839

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

  商標権

573

317

256

204

210

51

  ソフトウエア

19,632

※4

4,050

23,682

9,799

3,826

13,882

  その他

440

440

95

29

344

無形固定資産計

20,645

4,050

317

24,378

10,100

4,066

14,277

 長期前払費用

818

315

822

311

311

 

(注) 1. 当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。

 ※1 建物附属設備    横浜本社パーテーション工事           6,066千円

  ※2 機械及び装置    CIP用保管タンク攪拌機               796千円

 ※3 工具、器具及び備品 細胞発酵プロセス用自動分析装置         1,615千円

 ※4 ソフトウエア    購買管理システム 生産管理システム連携機能追加 3,000千円

 

2.当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。

 ※5 建物附属設備    旧横浜本社バーテーション工事          3,156千円

 

 

 

 

 

 

 

 

【引当金明細表】

該当事項はありません。

 

 

(2)【主な資産及び負債の内容】

①  現金及び預金

区分

金額(千円)

現金

預金

 

普通預金

680,805

定期預金

3,335,000

4,015,805

合計

4,015,805

 

 

 

②  売掛金
(a) 相手先別内訳

             該当事項はありません。

 

(b) 売掛金の発生及び回収並びに滞留状況


当期首残高
(千円)
 
(A)


当期発生高
(千円)
 
(B)


当期回収高
(千円)
 
(C)

 

当期末残高

(千円)

 

(D)

 

回収率(%)

 

(C)

×100

(A)+(B)

 

滞留期間(日)

(A)+(D)

2

(B)

365

 

108,225

83,967

192,192

100

235.2

 

(注) 消費税等の会計処理は、税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。

 

 

   ③ 仕掛品

品名

金額(千円)

受託製造品

514

合計

514

 

 

 

 

   ④ 関係会社短期貸付金

区分

金額(千円)

株式会社UNIGEN

1,205,000

合計

1,205,000

 

 

 

 

 

⑤  関係会社株式

銘柄

金額(千円)

(子会社株式)

株式会社UNIGEN

1,500,000

合計

1,500,000

 

 

 

 

      ⑥ 短期借入金

区分

金額(千円)

株式会社三井住友銀行

700,000

株式会社秋田銀行

400,000

合計

1,100,000

 

 

 

 

 

 

(3)【その他】

① 劣後金銭消費貸借契約修正覚書の締結

   当社は、平成26年3月31日付で、株式会社UNIGENにおける一時的な費用負担に係る資金支援を目的として、株式会

  社UNIGENと契約限度額を4,000,000千円とする劣後金銭消費貸借契約に係る変更覚書を締結いたしました。

  ② シンジケートローン契約締結に係る連帯保証

   当社は、平成26年3月31日付で、株式会社UNIGENが締結する総額7,990,000千円のシンジケートローン契約に係る

  連帯保証人となる契約を締結いたしました。

 





出典: 株式会社UMNファーマ、2013-12-31 期 有価証券報告書