有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

 

        【セグメント情報】

当社グループは、情報システムソリューションサービスの単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

        【関連情報】

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

1.製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報
(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 

 

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

682,064

情報システムソリューションサービス

アクセンチュア株式会社

673,195

情報システムソリューションサービス

 

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

 

1.製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

(2) 有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

 

 

(単位:千円)

顧客の名称又は氏名

売上高

関連するセグメント名

アクセンチュア株式会社

776,187

情報システムソリューションサービス

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

739,271

情報システムソリューションサービス

 

 

 

      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

当社グループは、情報システムソリューションサービスの単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

当社グループは、情報システムソリューションサービスの単一セグメントであるため、記載を省略しております。

 

      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

    該当事項はありません。

 

 

【関連当事者情報】

 

1.関連当事者との取引

(1) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

① 連結財務諸表提出会社の役員及びその近親者

前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

種類

会社等の名称又は氏名

所在地

資本金
又は出資金

(千円)

事業の内容
又は職業

議決権等の所有(被所有)割合(%)

関連当事者との関係

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

役員及びその近親者

城谷直彦

当社代表取締役

テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社代表取締役

(被所有)

間接4.57

(※3、4)

子会社の第三者割当増資に伴う払込

30,000

役員及びその近親者

城谷紀子

株式会社NS

代表取締役社長

(被所有)

間接4.57

(※3、5)

城谷直彦の配偶者

子会社の第三者割当増資に伴う払込

20,000

役員及びその近親者

奥出聡

当社執行役員

なし

子会社の第三者割当増資に伴う払込

20,000

 

(注) 1.当社連結子会社テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社(現、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社)が行った第三者割当増資を引き受けたものであります。

2.第三者割当増資による増資引受価格は、第三者の調査結果を参考に協議の上、決定しております。

3.城谷直彦及び城谷紀子の議決権等の被所有割合につきましては、城谷紀子が代表取締役を務めております株式会社NSの提出会社に対する議決権等の所有割合を記載しております。

4.城谷直彦の株式会社NSに対する議決権等の所有割合は、13.64%であります。

5.城谷紀子の株式会社NSに対する議決権等の所有割合は、25.76%であります。

 

当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

1株当たり純資産額

 164.32円

 172.44円

1株当たり当期純利益金額

 19.50円

23.64円

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

23.59円

 

(注)1.前連結会計年度における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

2.平成28年5月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行い、さらに平成28年12月17日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行いましたが、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

3.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目

前連結会計年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益
(千円)

394,579

471,428

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る親会社株主に帰属
する当期純利益(千円)

394,579

471,428

普通株式の期中平均株式数(株)

20,236,275.96

19,944,700.00

 

 

 

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する当期純利益調整額(千円)

普通株式増加数(株)

38,236.83

(うち新株予約権(株))

(38,236.83)

希薄化効果を有しないため、

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要

 

 

4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。 

 

項目

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

純資産の部の合計額(千円)

3,456,433

3,718,596

純資産の部の合計額から控除する金額(千円)

179,146

279,369

(うち新株予約権(千円))

(60,506)

(うち非支配株主持分(千円))

(179,146)

(218,862)

普通株式に係る期末の純資産額(千円)

3,277,287

3,439,227

1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数(株)

19,944,700.00

19,944,700.00

 

 

 

(重要な後発事象)

 

自己株式の取得

当社は、平成29年5月15日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づき、自己株式を取得することを決議し、以下の通り取得を行いました。なお、平成29年5月15日開催の取締役会の決議に基づく自己株式の取得は、以下の内容をもって終了しております。

 

(1) 取締役会での決議事項

①  自己株式の取得を行う理由

機動的な資本政策の遂行及び資本効率の向上並びに株主還元を図るため。

 

②  取得の内容

取得対象株式の種類

当社普通株式

取得し得る株式の総数

300,000株(上限)

(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.50%)

株式の取得価額の総額

330,000,000円(上限)

取得期間

平成29年5月16日から平成29年6月15日

取得方法

証券会社による投資一任方式

 

 

(2) 取得の内容

取得した株式の種類

当社普通株式

取得期間

平成29年5月16日から平成29年5月25日(約定ベース)

取得した株式の総数

283,500株

取得価額の総額

329,928,000円

取得方法

証券会社による投資一任方式

 

 

 





出典: 株式会社テクノスジャパン、2017-03-31 期 有価証券報告書