有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

提出会社の状況

回次

第27期

第28期

第29期

第30期

第31期

決算年月

平成25年7月

平成26年7月

平成27年7月

平成28年7月

平成29年7月

売上高

(千円)

12,864,297

14,616,459

18,659,881

24,509,569

29,336,597

経常利益

(千円)

492,378

831,077

1,082,123

1,547,419

1,426,406

当期純利益

(千円)

212,219

410,209

585,486

981,723

967,555

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

75,084

550,356

1,474,174

1,488,685

1,491,829

発行済株式総数

(株)

12,853

1,654,300

3,784,100

11,583,300

11,622,300

純資産額

(千円)

812,310

2,173,063

4,573,100

5,542,220

6,333,592

総資産額

(千円)

6,165,533

7,720,347

11,005,212

12,477,123

15,942,074

1株当たり純資産額

(円)

105.33

218.93

402.83

478.47

546.58

1株当たり配当額

(円)

10.00

15.00

6.00

8.00

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

(10.00)

(2.00)

(4.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

27.52

52.40

56.97

85.75

83.55

潜在株式調整後1株当たり

当期純利益金額

(円)

47.86

53.85

84.53

自己資本比率

(%)

13.2

28.1

41.6

44.4

39.7

自己資本利益率

(%)

30.1

27.5

17.4

19.4

16.3

株価収益率

(倍)

19.4

43.2

22.4

30.9

配当性向

(%)

3.2

5.9

7.0

9.6

営業活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

1,144,162

1,460,026

1,704,194

2,412,451

3,000,563

投資活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

694,257

824,215

1,348,140

2,476,004

2,394,338

財務活動による

キャッシュ・フロー

(千円)

325,993

467,283

1,498,956

1,021,983

480,911

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

1,776,048

2,879,143

4,734,153

3,648,617

4,735,753

従業員数

(人)

392

424

491

601

700

(外、平均臨時雇用者数)

(1,238)

(1,404)

(2,059)

(2,812)

(3,101)

 

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には、消費税等は含まれておりません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため、記載しておりません。

4.第27期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。また、第31期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5.第27期の株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。

6.平成26年3月24日付で普通株式1株につき100株の株式分割、平成27年2月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割、平成27年8月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行いましたが、第27期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。なお、第29期の株価収益率は、権利落ち後の株価を1株当たり当期純利益金額で除して算定しております。

7.当社は平成26年7月10日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場しているため、第28期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、新規上場日から平成26年7月期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。

 

2【沿革】

当社は、昭和60年5月に大阪府東大阪市において、当社代表取締役社長大倉忠司が個人事業として焼鳥屋「鳥貴族」(「鳥貴族」1号店である「鳥貴族俊徳店」)を開店したことに始まります。

店舗展開に備え昭和61年9月に株式会社イターナルサービス(資本金4,000千円)に法人改組し、平成21年8月に商号を株式会社鳥貴族に変更しております。

年月

事項

昭和61年9月

大阪府東大阪市に株式会社イターナルサービスを設立

平成3年11月

加盟店1号店「鳥貴族長瀬店」を大阪府東大阪市にオープン

平成7年7月

居酒屋業態より撤退し、「鳥貴族」単一業態に集中

平成9年9月

本社を大阪市東成区東中本に移転

平成10年6月

10号店となる「鳥貴族千躰店」を大阪市住吉区にオープン

平成14年7月

兵庫県1号店「鳥貴族阪神深江店」を神戸市東灘区にオープン

平成15年9月

大阪市中央区道頓堀に「鳥貴族道頓堀店」をオープン

平成16年8月

本社を大阪市浪速区桜川に移転

平成17年2月

東京都杉並区高円寺北3丁目に東京事務所開設

平成17年5月

関東圏1号店「鳥貴族中野北口店」を東京都中野区にオープン

平成17年8月

50号店となる「鳥貴族ナンバ店」を大阪市中央区にオープン

平成19年5月

京都府1号店「鳥貴族西大路店」を京都市南区にオープン

平成19年11月

奈良県1号店「鳥貴族新大宮店」を奈良県奈良市にオープン

平成19年11月

100号店となる「鳥貴族平野加美東店」を大阪市平野区にオープン

平成20年9月

東京事務所を東京都杉並区高円寺北2丁目に移転

平成21年4月

名古屋市中区に東海事務所開設

平成21年4月

東海圏1号店「鳥貴族錦三袋町通り店」を名古屋市中区にオープン

平成21年8月

商号を株式会社鳥貴族に変更

平成22年7月

東京事務所を東京都杉並区高円寺北2丁目内に移転

平成22年10月

神奈川県1号店「鳥貴族相模原店」を神奈川県相模原市にオープン

平成22年10月

本社を大阪市浪速区桜川から大阪市浪速区立葉に移転し、同所に焼鳥タレ製造工場を開設

平成22年10月

200号店となる「鳥貴族池袋サンシャイン通り店」を東京都豊島区にオープン

平成23年8月

埼玉県1号店「鳥貴族川口店」埼玉県川口市にオープン

平成24年5月

滋賀県1号店「鳥貴族石山店」を滋賀県大津市にオープン

平成24年6月

300号店となる「鳥貴族名駅東口店」を名古屋市中村区にオープン

平成25年10月

東京事務所を東京都杉並区天沼に移転

平成26年7月

東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場

平成26年12月

400号店となる「鳥貴族新宿区役所通り店」を東京都新宿区にオープン

平成27年7月

東京証券取引所市場第二部に市場変更

平成28年4月

東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

平成28年4月

岐阜県1号店「鳥貴族岐阜羽島店」を岐阜県羽島市にオープン

平成28年7月

500号店となる「鳥貴族目黒西口店」を東京都目黒区にオープン

平成29年3月

静岡県1号店「鳥貴族浜松有楽街店」を静岡県浜松市にオープン

平成29年7月

三重県1号店「鳥貴族四日市店」を三重県四日市市にオープン

 

3【事業の内容】

当社は、「鳥貴族」の単一ブランドで、関西圏・関東圏・東海圏の3商圏に焼鳥店の店舗展開をしており、事業区分は「飲食事業」の単一セグメントとなります。

 

(1)「焼鳥屋で世の中を明るくしたい(鳥貴族のうぬぼれ)」という理念の追求

「焼鳥屋で世の中を明るくしたい」という「鳥貴族のうぬぼれ」を当社の理念として店舗展開を行っております。均一価格で商品を選ぶ楽しさを感じて頂きながら、「味」「品質」「サービス」の向上を図ることでお客様に感動して頂けるような店舗展開を行い、多くのお客様にご利用して頂くことで「焼鳥=鳥貴族」と考えて頂けるような「永遠の会社」を目指しております。

1.販売価格

均一価格にすることでお客様が商品を選ぶ楽しさを感じて頂きたいという想いから、全品均一価格による商品の提供を行っております。

2.商 品

当社の従業員が自信をもってお客様に提供することができる商品、お客様に感動して頂ける商品を提供することを最優先課題とし、商品開発を行っております。

また、特に鶏肉は肉類の中でも劣化が早いことから、酸素に触れる時間を短くし、お客様に少しでもおいしいと感じて頂くため各店舖で串打ちを行っております。これはセントラルキッチンを保有せず各店舗で仕込みを行う当社の「こだわり」であり、調理からお客様へ提供するまでの時間を可能な限り短縮することで、より新鮮でおいしいものを提供するためであります。

一方、全店変わらない味を提供するため、焼き鳥のタレは自社工場にて、丸鶏・生の果物・野菜等を使用し一括生産しております。

3.接 客

「元気でホスピタリティあふれる接客の提供」をスローガンとして、お客様の再来店につながる接客を提供できるよう、全スタッフに対してスキル・ポジションに応じた様々な研修を実施しており、また各店舗においてマニュアルを整備することで接客サービスの均質化を図っております。

4.内 装

来店されたお客様に、木による視覚的・触覚的な癒しを感じて頂きたいという想いから、木の温もりを感じる内装で全店統一しており、焼鳥業態には少なかったテーブル席の導入によって、若者や女性客を含めた幅広いお客様が入りやすい空間づくりを心掛けております。

 

(2)単一業態でのチェーン展開

当社は、「鳥貴族」の単一業態での事業展開を基本方針としております。資本・人材・ノウハウ等を「鳥貴族」に集中することにより、スケールメリットにより質の高い食材をより低価格で調達することができるとともに、何を売りたいかを明確にすることによりお客様の支持を得られると考えております。また、「鳥貴族」ではメニュー数を絞り込むことにより、さらに調達コストの低下とオペレーションの効率化を行っております。

 

(3)“理念”の共有によるサービスの均質化

当社では、一般的なフランチャイズチェーンよりも強固なビジネスパートナーとしての関係性を確保することを目的として、新規に加盟店オーナーの募集は行っておらず、当社の経営理念に共感し当社とともに成長することに同意頂いた限られた加盟店オーナーをカムレード(同志)と称し、相互に意見の交換・提案を行っております。これにより全ての「鳥貴族」における「味」「品質」「サービス」の向上を図っております。

(注)カムレードチェーンは、新規に加盟店オーナーの募集を行っていない点、当社の経営理念に共感頂いた加盟店オーナーに限定している点、及び、意見の交換・提案を相互に行っている点が一般的なフランチャイズチェーンと異なっております。

 「鳥貴族」の店舗数は以下のとおりであります。

 

関西圏

関東圏

東海圏

合計

平成25年7月末

現在

直営店舗数

66店舗

85店舗

18店舗

169店舗

加盟店舖数

130店舗

31店舗

−店舗

161店舗

合計店舗数

196店舗

116店舗

18店舗

330店舗

平成26年7月末

現在

直営店舗数

70店舗

99店舗

21店舗

190店舗

加盟店舖数

134店舗

39店舗

−店舗

173店舗

合計店舗数

204店舗

138店舗

21店舗

363店舗

平成27年7月末

現在

直営店舗数

75店舗

126店舗

26店舗

227店舗

加盟店舖数

140店舗

47店舗

−店舗

187店舗

合計店舗数

215店舗

173店舗

26店舗

414店舗

平成28年7月期

現在

直営店舗数

80店舗

165店舗

40店舗

285店舗

加盟店舗数

146店舗

61店舗

店舗

207店舗

合計店舗数

226店舗

226店舗

40店舗

492店舗

平成29年7月期

現在

直営店舗数

87店舗

204店舗

51店舗

342店舗

加盟店舗数

151店舗

74店舗

店舗

225店舗

合計店舗数

238店舗

278店舗

51店舗

567店舗

 

[事業系統図]

これまで述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

該当事項はありません。

 

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

平成29年7月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

700(3,101)

31.1

3.5

4,660

 

 

 

事業部門の名称

従業員数(人)

店舗

615

(3,096)

工場

5

(3)

本社部門

80

(2)

合計

700

(3,101)

(注)1.従業員数は就業人員であり、従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間の平均雇用人員(1日8時間換算)であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

3.前事業年度末に比べ従業員数が99名増加しておりますが、これは新規出店等の事業拡大によるものであります。

 

(2)労働組合の状況

当社の労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。

 





出典: 株式会社鳥貴族、2017-07-31 期 有価証券報告書