有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第1期

決算年月

平成27年3月

 

 

営業収益

(千円)

130,953

純営業収益

(千円)

130,953

経常損失(△)

(千円)

1,658

当期純損失(△)

(千円)

18,124

包括利益

(千円)

18,124

純資産額

(千円)

499,150

総資産額

(千円)

3,323,810

1株当たり純資産額

(円)

93,491.40

1株当たり当期純損失(△)

(円)

3,719.35

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

13.16

自己資本利益率

(%)

3.73

株価収益率

(倍)

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

388,081

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

131,927

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

360,861

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

921,020

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(人)

14

(1)

 

(注)1 営業収益及び純営業収益には、消費税等は含まれておりません。

2 上記の比率は以下の算式により算出しております。

3 当社は、日本クラウド証券株式会社の単独株式移転により平成26年10月1日に設立されたため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。

4 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

5 当社は平成26年10月1日に日本クラウド証券株式会社(以下、本書において「日本クラウド証券」という。)の株式移転により持株会社として設立されたため当期が第1期となります。

 

・自己資本比率 =

期末純資産の部合計−期末新株予約権−期末少数株主持分

×100(%)

期末資産の部合計

 

 

・自己資本利益率 =

当期純利益

×100(%)

(期首純資産合計+期末純資産合計−期末新株予約権−期末少数株主持分)÷2

 

      6 株価収益率については、当社株式は非上場・非登録であるため記載しておりません。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第1期

決算年月

平成27年3月

 

 

営業収益

(千円)

4,166

純営業収益

(千円)

4,166

経常利益

(千円)

1,071

当期純利益

(千円)

174

資本金

(千円)

183,500

発行済株式総数

(株)

5,368

純資産額

(千円)

516,881

総資産額

(千円)

522,967

1株当たり純資産額

(円)

94,296.95

1株当たり配当額
(うち1株当たり
中間配当額)

(円)

 

 

 

1株当たり当期純利益

(円)

35.55

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

22.81

自己資本比率

(%)

96.79

自己資本利益率

(%)

0.03

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

自己資本配当率

(%)

従業員数
(外、平均臨時雇用者数)

(人)

5

 

 

(注) 1 営業収益及び純営業収益には、消費税等は含まれておりません。

2 上記の比率は以下の算式により算出しております。

3 当社は、日本クラウド証券株式会社の単独株式移転により平成26年10月1日に設立されたため、前事業年度以前に係る記載はしておりません。

4 当社は平成26年10月1日に日本クラウド証券の株式移転により持株会社として設立されたため当期が第1期となります。

・自己資本比率 =

期末純資産の部合計−期末新株予約権

×100(%)

期末資産の部合計

 

 

・自己資本利益率 =

当期純利益

×100(%)

(期首純資産合計+期末純資産合計−期末新株予約権)÷2

 

    5 株価収益率については、当社株式は非上場・非登録であるため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

 

平成26年8月25日

日本クラウド証券取締役会において株式移転による持株会社の設立を承認する旨の決議をしました。

平成26年9月10日

日本クラウド証券臨時株主総会において株式移転計画書を承認する旨の決議をしました。

平成26年10月1日

株式移転により、持株会社を設立しました。

平成26年10月15日

クラウドバンク・エナジー株式会社を子会社化

平成26年11月28日

公募増資を実施(資本金1億8,350万円)

平成27年2月20日

クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社を設立

平成27年4月1日

クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社によるクラウドバンク匿名組合の営業者としての営業を開始

平成27年5月29日

クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社が貸金業者として登録

 

 

3 【事業の内容】

当社は、持株会社として、子会社等の経営管理及びこれに関連する業務を行っております。

また、当社グループの主な事業の内容は以下のとおりです。

当社グループの事業は、「投資・金融サービス業」という単一セグメントに属しており、(1) 融資型クラウドファンディング業務、(2) 有価証券の売買の取次業務及びグリーンシート銘柄等取扱業務、(3) コンサルティング業務を行っております。当社及び当社の関係会社における各事業の概要と各位置づけ等は、以下のとおりです。

 

[事業系統図]


注)クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社は、平成27年2月20日に当社の100%子会社として設立されました。同社は、平成27年4月1日より日本クラウド証券が運営する融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク(https://crowdbank.jp)」においてクラウドバンク匿名組合の営業者としての事業を開始したため、平成27年3月31日を基準日とする上記の事業系統図には含まれておりません。

 

(1) 融資型クラウドファンディング業務

当社グループでは、主力事業として、主にインターネットを通じて投資家より小口の資金を募集し、資金需要を有する企業等へ融資を行い、これによって生じた利息等を投資家に分配する融資型クラウドファンディング業務を行っております。

融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」(以下、「『クラウドバンク』」という。)を通じ、当社の子会社である日本クラウド証券が投資家から資金の募集を取り扱い、また、主に事業性資金需要のある資金需要者を審査し、審査基準に合致した資金需要者に対して融資を行うとともに、匿名組合の営業者であるクラウドバンク・インキュラボ株式会社(以下、「クラウドバンク・インキュラボ」という。)によって管理され弁済された融資債権(元本)及び利息等を投資家に分配しております。

なお、平成27年4月1日より、匿名組合の営業者はクラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社(以下、「クラウドバンク・フィナンシャルサービス」という。)に変更されております。また、同社は平成27年5月29日で貸金業者としての登録をされており、今後、資金需要者に対する審査、融資及び債権の管理・回収等は同社が行う予定です。この場合においても、投資家からの資金の募集の取扱い、元本及び利息等の投資家への分配は、引き続き日本クラウド証券が行います。

 

(2) 有価証券の売買の取次業務・グリーンシート銘柄取扱等業務

当社グループにおいて、日本クラウド証券は、上場有価証券の売買の媒介及び取次ぎ、その他証券関連業務等の証券業を中心とする業務を行っております。

また、当社グループにおいて、日本クラウド証券は、日本証券業協会が「グリーンシート銘柄及びフェニックス銘柄に関する規則」に定めるグリーンシート銘柄について、日本証券業協会に対して取扱会員としての指定届出を行った上で有価証券の募集・売出し又は私募の取扱い並びに有価証券の売買の媒介及び取次ぎの業務(以下「取扱業務」という。)を行っております。なお、グリーンシート銘柄の売買を取り扱う専用サイトは「クラウドエクイティ(http://equity.crowdbank.jp)」であります。

平成27年3月31日現在のグリーンシート登録銘柄31銘柄のうち、当社が取扱業務を行っている銘柄数は23銘柄となっております。

 

(3) コンサルティング業務

当社グループにおいて、日本クラウド証券はグリーンシート銘柄指定企業が新株式の募集・売出しを行う際に所定の審査手続き及び指導・助言等のコンサルティングを行うとともに、グリーンシート銘柄指定企業のディスクロージャーを継続的にサポートしております。また、クラウドバンク・インキュラボは、企業の資金調達、事業戦略その他の実務に関するコンサルティング業務を行っております。

さらに、当社グループ会社であるクラウドバンク・エナジー株式会社(以下、「クラウドバンク・エナジー」という。)では、『クラウドバンク』の融資先となる発電事業者に対して、その収益性を向上させることでその融資の回収可能性を担保するべく、再生可能エネルギー開発に関する事業戦略その他の実務に関するコンサルティング事業を行っております。

 

 

4 【関係会社の状況】

名称

所在地

資本金
(千円)

主要な事業
の内容

議決権の所有
(被所有)
割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

日本クラウド証券株式会社

(注4・5・6)

東京都

港区

117,366

金融商品取引業
貸金業

100

経営指導

役員の兼務 有

資金援助  無

保証債務  無

クラウドバンク・
インキュラボ株式会社

(注4・5・6)

東京都

港区

2,000

コンサルティング
事業

100

[100]

経営指導

役員の兼務 有

資金援助  無

保証債務  無

クラウドバンク・エナジー株式会社

(注7)

東京都

港区

100

コンサルティング
事業

100

経営指導

役員の兼務 有

資金援助  無

保証債務  無

クラウドバンク・

フィナンシャルサービス株式会社

(注8)

東京都

港区

30,000

貸金業

100

東京都港区

役員の兼務 有

資金援助  無

保証債務  無

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

Aaron Asset Management株式会社

東京都
渋谷区

2,000

その他の事業

(30.4)

役員の兼務 有

資金援助  無

保証債務  無

Aaron & Associe株式会社

東京都
千代田区

100

コンサルティング
事業

(30.4)

役員の兼務 有

資金援助  無

保証債務  無

 

(注) 1 親会社、関連会社に該当する会社はありません。

2 当社グループは、「投資・金融サービス業」という単一のセグメントであるため、「主要な事業の内容」はセグメント内の詳細を記載しております。

3 「議決権の所有(被所有)割合」欄における[ ]内は、間接所有割合で内数です。

4 日本クラウド証券及びクラウドバンク・インキュラボは特定子会社に該当します。

5 クラウドバンク・インキュラボは日本クラウド証券の100%子会社であります。

6 日本クラウド証券及びクラウドバンク・インキュラボは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。第1期連結会計年度(自平成26年10月1日 至平成27年3月31日)における日本クラウド証券及びクラウドバンク・インキュラボの主要な損益情報等は次のとおりです。

 

 

売上高

経常利益

当期純利益

純資産額

総資産額

日本クラウド証券株式会社

76,294千円

△8,206千円

2,002千円

143,911千円

904,907千円

クラウドバンク・インキュラボ株式会社

54,322千円

8,812千円

△6,047千円

△1,758千円

2,540,985千円

 

7 クラウドバンク・エナジー株式会社は、再生可能エネルギーによる発電事業者に対するコンサルティング等を行うことを目的に、日本クラウド証券の100%子会社として、平成26年8月に新たに設立されました。

8 クラウドバンク・フィナンシャルサービス株式会社は、平成27年2月20日にクラウドバンク株式会社の100%子会社として設立されました。同社は、平成27年4月1日よりクラウドファンディング事業の営業を開始しています。

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社における従業員数

平成27年3月31日現在

 

従業員数(名)

連結会社合計

14名(1名)

 

(注) 1 当社グループは、投資・金融サービス業という単一セグメントであるため、全連結会社の従業員数の合計を記載しております。

2 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(当企業集団外から当企業集団への出向社員、パートタイマー、派遣社員を含む。)については、( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

 

(2) 当社の従業員数

平成27年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

5名

36.4歳

0.5年

4,462千円

 

(注) 1 従業員数には、使用人兼取締役2名は含んでおりません。

2 従業員には、日本クラウド証券からの兼務者が含まれております。

 

(3) 労働組合等の状況

該当事項はございません。

 

 





出典: クラウドバンク株式会社、2015-03-31 期 有価証券報告書